夢追う夫を本気にさせるために妻がしたこと

読み切り小説:ベーシック・インカム

それから1年後、久しぶりに長編小説を書き上げた。この本はおもしろいと断言できる自信作である。

その日の夕食、わが家にしては値の張るワインで妻とささやかな祝杯をあげた。

ほおを赤らめ僕以上に上機嫌な妻が言った。

「お祝いに家族で旅行に行きましょうよ。ハワイがいいな。思いきって10日間くらい」

僕も笑顔で、「おいおい、うちにそんなおカネはないよ。仮に本が売れたとしても、印税が入るのはずっと先だし。気が早すぎるよ」と言った。

そしてちょっと上目づかいになって、「それにきみ。10日間って、習い事をいくつも休まなくちゃならなくなるよ」と、意地の悪い気持ちで言ってみた。

「いいの。習いごと、辞めるから」

「えっ、なにそれ」と驚くと、「いいのよ。大してやりたかったわけでもないし」と、妻は平然と言った。

「いや、いや、いや。僕はきみの習い事のために――」と、恩着せがましいことばを吐きそうになったが、中途でやめた。妻は構わずに、「よかったね。書けるようになって」と笑って言った。

ふつうは1時間数千エン

「うん。もしきみの習い事がなかったら、あのままだったかもしれない」

そういった僕はふと思いつき、「いや、ちょっと待て。きみはひょっとして、僕のために…」

妻は僕の言葉を遮って、「ね、ハワイにしましょうよ。久しぶりの家族旅行。楽しみ」と、はしゃいだ。

「だから、残念ながらいまはおカネがないよ。もう少し先にしようよ」

「あるわよ。おカネなら。大丈夫」

「いや、そんなはずは。わが家の貯金は1時間数千エンのきみの習い事によって…」僕は目を瞬いて、「まさか、習いごとに通っていたっていうのはうそなのか」

妻はにこりと笑い、こう言った。

「通っていたわよ。でも、1時間数千エンなんて払っていないわよ。近所の奥さんがボランティアで教えてくれているの。あなたが『いくらくらいかかるのか』って訊くから『ふつうは1時間数千エン』って答えたけど、それを払っているとは言わなかったわ」

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。