運転のプロが職場に「デリヘル」を選んだ必然

「デリヘルドライバーはスピードが命」

そんな性格のいい、優しく気遣いのできる女性と二人きり、車という狭い空間にいて恋愛感情を抱くことはないのだろうか? それを聞くと楠田は、「そういうこと聞くかねえ」と苦笑しながらも話してくれた。

切れ者の元大学の准教授が店長の店から、2、3軒後に働いたデリヘルでのことだ。20歳の女の子だった。そこは暇な店だったが、それでも人気のある娘だった。他の店に行けばもっと稼げるのに、と楠田は口には出さず思っていた。放っておけない雰囲気があった。風俗嬢にしては服が地味で少々野暮ったく、無理して休まず出勤しているように見えた。明るい娘だったが、時々ふと、暗い表情になった。ある日何気なく聞いてみると、親の借金を返すために働いていると答えた。

「だって客のところに届けるのが俺なわけじゃない?」

『デリヘルドライバー』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「本当かどうかはわからないよ」と楠田は言う。風俗嬢にはさまざまな事情を抱えている娘が多い。つかなくてもいい嘘もつく。

「ただ、借金の額が500万って言ったんだ。それが妙にリアルな数字でさ、数千万とか言われたらまったく別世界の出来事だし、100万だったら俺にも何とかなるかなって考えたと思う。でも500万円っていうのが、何とも手が届きそうで届かない感じでさ、気がつくと好きになってたんだな」

女の子を好きになっちゃうと、辛くないですか? と聞いてみた。「辛かったよね。柄にもなく切なかった。だって客のところに届けるのが俺なわけじゃない? 客に何されるんだろう、あの娘、今ごろどんなことされてるんだろうって。この娘はどんどん汚れていくんだ、俺はそれに加担してるんだなってね」

一方、彼女の気持ちはどうだったのか?「ドライバーに俺を指名するようになったんだ。俺じゃなきゃ嫌だって。いちばん売れてる娘だからさ、店長も彼女にヘソ曲げられちゃ困ると思ったんだろうね、以降、俺が専属みたいになった」。ところがある日ちょっとした出来事が起きる。いつものように出勤するその娘を駅前で待っていると、突然他のドライバーから携帯に電話があった。

「店長から言われたんですが、楠田さんは今日お休みにしてほしいそうです。僕が代わりに担当しますから」と。どういうことだ?と思っていたところに彼女が現れた。「どうしたの?」と聞くので、「よくわかんないんだけど、今日、俺休みになっちゃった」と答えると、「じゃあ、私も休む」と言う。そして二人は食事をして、カラオケに行った。

楽しい一日だった。彼女はカラオケで大塚愛を歌った。楠田が大塚愛のファンだったからだ。歌は上手ではなかったけれど、一生懸命、何曲も歌ってくれた。しかし、「それがよくなかったみたいだ」と楠田は語る。彼は、翌日店長から首を言い渡された。彼女とはそれ以来会っていない。携帯の番号は聞いていたが、電話することもなかった。

「やっぱり、500万円っていうのが効いたな」と楠田は回想する。「俺にカネがあれば」と思った。「だからその後、デリヘルドライバー辞めて、しばらくトラックの運転手に戻ったんだ。金持ちになってやろうと思ったし、その娘のこと考えてるのも辛かったからね。ムチャクチャ仕事してやろうって、昼と夜、別の運送会社に所属して働いたよ。まあ、結局こうしてデリヘルドライバーに戻っちゃったけどね」

楠田一真は現在、新宿に事務所を持つ、女の子が5、6人だけの小さなデリヘルで働いている。ドライバーは彼ひとり。政府はアベノミクスの効果を高らかに謳うが、景気は悪くなる一方だという。最盛期1万5000円だった日給は、1万円にまで下がった。しかも以前はガソリン代店持ちだったのが、今や自腹だ。楠田は最後に、「デリヘルドライバーをやるのは、この店が最後だろうな」と呟いた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT