都心上空飛ぶ羽田便、落下物・騒音に募る不安

2020年、都民が飛行機に悩まされる可能性も

大田区民には、苦い記憶がある。2008年に一部の羽田発国内線は離陸ルートが変更され、大田区上空を初めて飛行するようになった。米軍横田基地の管理空域が一部返還されたためだ。高度は約2700メートルだったが、騒音を耳にした住民から区に苦情が殺到。ルート変更後、半年で200件超に上った。現在も1日80便超がこのルートを飛行する。

大田区在住で都心上空飛行の反対活動に携わる松島光男さんは、「騒音は経験してみないとわからない。しかも当時と今回とでは、飛行高度のレベルも便数も違う」と強く懸念する。

住民への説明会はパネル展示が主体

新飛行ルートの運用が始まる2020年には、東京五輪が開催され、訪日観光客4000万人の目標が掲げられている。国交省が昨年試算した発着枠拡大の経済効果は1都3県で年4800億円。しかし新ルート問題にかかわる大田区議の奈須利江氏は、「経済最優先で、羽田の国際化はなし崩し的に進められている」と嘆く。

国交省は2015年7月以降、飛行ルート下の各地域で説明会を行っている。これまで延べ1万3400人が来場。ただ、パネル展示が主体で、議論の場になっていない。反対意見も多く寄せられているが、着陸前の飛行高度を上げたり、離着陸回数を一部減らしたりするなどの微調整にとどまる。

「国交省としては、今さら反対されても大きく変えられないというのが本音だろう」(航空局OB)。国策として進めるのならば、せめて地元住民に対し、より一層説明責任を果たすべきではないだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT