マグリット紛失作品は「別の絵の下」にあった

「The Enchanted Pose」の右上部分

 11月14日、ベルギーの画家ルネ・マグリットが製作した4分割された作品のうち、行方が分からなかった4枚目の絵画が、別の作品で上書きされていたことがX線を使った調査で明らかになった。写真は2013年9月ニューヨーク近代美術館で撮影(2017年 ロイター/Joshua Lott)

[ブリュッセル 14日 ロイター] - ベルギーの画家ルネ・マグリットが製作した4分割された作品のうち、行方が分からなかった4枚目の絵画が、別の作品で上書きされていたことがX線調査で明らかになった。

行方不明だったのは1927年に製作された「The Enchanted Pose」の右上部分。

ベルギー王立美術館がリエージュ大学の考古年代測定センターと協力してX線写真を使って調査し、同美術館にある1935─36年製作の絵画「God is not a Saint」の下に描かれていることを先月突き止めた。

マグリットは1932年、最初に描かれた絵を分割しキャンバスを再利用した。恐らく経費を節約するためとみられている。

1つ目のピースは2013年、ニューヨーク近代美術館が所蔵する1935年の作品「The Portrait」の下に描かれていることが発見された。残りの2枚はストックホルムと英ノリッチで見つかっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT