マグリット紛失作品は「別の絵の下」にあった

「The Enchanted Pose」の右上部分

 11月14日、ベルギーの画家ルネ・マグリットが製作した4分割された作品のうち、行方が分からなかった4枚目の絵画が、別の作品で上書きされていたことがX線を使った調査で明らかになった。写真は2013年9月ニューヨーク近代美術館で撮影(2017年 ロイター/Joshua Lott)

[ブリュッセル 14日 ロイター] - ベルギーの画家ルネ・マグリットが製作した4分割された作品のうち、行方が分からなかった4枚目の絵画が、別の作品で上書きされていたことがX線調査で明らかになった。

行方不明だったのは1927年に製作された「The Enchanted Pose」の右上部分。

ベルギー王立美術館がリエージュ大学の考古年代測定センターと協力してX線写真を使って調査し、同美術館にある1935─36年製作の絵画「God is not a Saint」の下に描かれていることを先月突き止めた。

マグリットは1932年、最初に描かれた絵を分割しキャンバスを再利用した。恐らく経費を節約するためとみられている。

1つ目のピースは2013年、ニューヨーク近代美術館が所蔵する1935年の作品「The Portrait」の下に描かれていることが発見された。残りの2枚はストックホルムと英ノリッチで見つかっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT