台湾で評判、絶妙な「コーヒー・アート」の実力

愛犬の顔が10分で立体的なラテに

台湾の高雄にあるコーヒーショップ「My Cofi」では、オーナーのチャンさんが、お客さんが示す写真を参考にして、10分足らずで一杯のカプチーノを愛犬の顔が描かれたアート作品に仕上げてくれる。写真はロイタービデオの映像から(2017年 ロイター)

[高雄(台湾) 10日 ロイター] - 台湾の高雄にあるコーヒーショップ「My Cofi」では、オーナーのチャンさんが10分足らずで、一杯のカプチーノを愛犬の顔が描かれたアート作品に仕上げてくれる。

お客さんが示す写真を参考にして、ミルクの泡の上にチョコレートやエスプレッソや色とりどりのフルーツジャムを使って線を描いたり色付けをしたりしていく。

ミルクの泡を立体的に盛る作業が特に難しい、とチャンさんは話す。

作業の複雑さにもよるが、1杯は大体約23ドルで10分ほどで出来上がる。チャンさんは、この「ラテ・アート」を道端の屋台で2003年に始めたという。

ほとんどのお客さんは、コーヒーを飲むことよりも、記念のために携帯で写真をとることに一生懸命で、コーヒーは冷めてしまう。

高校時代の友人と店を訪れたという女性は「1時間も写真を撮っていたけど、飲んでしまうのはまだ気が進まない」と話した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?