「AI投資情報サービス」は本当に使えるのか

決算発表後「1分」で内容を知らせるサイトも

AIを使った投資情報は役に立つのだろうか(写真:Graphs / PIXTA)

日本の株式市場や為替市場において、AI(人工知能)による投資や運用の影響度合いが高まりつつあります。

個人投資家が人工知能を活用するためには?

最近、私も個人投資家の方々から、「個人投資家がAIを気軽に活用して投資を行うことはできないのか?」「AI投資はどうやったらできるのか?」「ネット証券はどんなAIサービスを提供しているのか?」などの質問を多く受けるようになってきました。

今回は、こうした質問にわかりやすく答える形で、日本のネット証券が提供している個人投資家向けAIサービスを少し紹介していきたいと思います。

まずはネット証券最大手、SBI証券による個人投資家向けAIサービスを見ていきましょう。SBI証券は、投資信託をはじめとした総合金融情報を提供するモーニングスター株式会社のAIを活用し、米国の主要500社が公表した決算情報を日本語に翻訳した「米国株式決算速報ニュース」を流しています(最速なら企業の開示から数分で配信)。

足元では最高値を更新するなど堅調な米国株に投資したいものの、「外国語はちょっと苦手で情報収集のハードルが高い」と感じる日本の投資家にとっては便利なサービスです。

次にマネックス証券のAI関連サービスを見てみましょう。AIが示唆した資産配分(アセットアロケーション)に関する月次の「AIレポート」を顧客向けに配信しています。これは株式会社Good Moneyger(グッドマネージャー)社のAIを用いてマーケットを分析し、世界主要地域(米国・欧州・日本・新興国)の見通しを目に見える形でわかりやすく把握できます。

ご覧になっていただくとわかりますが、世界の景気の状況などを天気予報形式で表現し、株式・債券・REITなどの資産への投資スタンスを「◎・○・△」の3段階で表しています。「バランス投資を考えて資産形成に努めようと思うけど、どんな地域に投資すればいいのか? また、どのような資産に資金を配分していったらいいのかを知りたい」という個人投資家には、冷静で中立的な機械であるAIが示唆した資産配分戦略は、1つの参考情報になるのではないかと思います。

次ページAIによるテクニカルと企業業績分析の融合サービスが便利
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT