M&Aで中小食品救う「異色ベンチャー」の野望

地方メーカー次々買収、事業承継の受け皿に

グループには製造会社だけでなく食品卸もあるため、製販一体の体制が取れる。

オーブンはグループの食品卸の紹介で、自社商品を生協へ販売することに成功。その一方、埼玉でピーナツ加工品を扱うグループ企業が中国・九州エリアで販売を開始する際には、自らのネットワークを生かして販路開拓を手伝った。

2018年以降は年6件近い買収を目指す

ヨシムラ・フード・HDの創業者兼CEO 吉村元久(撮影:今 祥雄)

ヨシムラ・フード・HDの当面の目標は売上高1000億円だ。柱はやはりM&A。「ニッチだが光る製品や技術を持つ中小企業はまだまだある」(吉村CEO)。2018年以降は年間6件近い買収実現を目指すという。自動車部品や電機など、食品以外の分野への進出も否定しない。

既存の傘下企業にとって、国内は人口減少により食品市場の長期的な拡大が望みづらい。今後は日本酒などの海外販売を拡大するべく、東南アジアの食品卸や小売企業との提携をもくろむ。

課題は経営人材の確保だ。買収によって企業が増えれば増えるほど、PMIを担う人材が必要になる。地域ごと、あるいは商品の温度帯ごとにグループ分けし、それぞれの統括企業を作る構想もある。買収した企業の優秀な人材を育て上げるだけでなく、新卒採用の開始も検討しているという。

中小企業の受け皿になるという異色ベンチャーの挑戦が続く。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。