桶狭間の戦い「信長、5つの勝因」は何だったか

奇襲はウソ?「最新の日本史」を紹介

【理由5】敵を分散させ、一点に集中して攻め込んだ

今川軍は、別の織田方の軍に引き寄せられて、ほかの前線での攻撃や防衛部隊、そして義元の本隊など、複数の離れた場所に「分散して配置」されていました。

その結果、このとき桶狭間にいた義元の本隊は5000ほどだったともいわれ、信長の本隊との兵力の差はそれほど大きなものではなかったのです。

限られた兵力の信長には、この状況の到来こそが千載一遇の好機でした。

ただし、これは単なる幸運ではなく、信長が綿密な情報収集を行い、こうした今川軍の状況を逃すことなく把握した結果、もたらされた好機でした。

この好機を逃さず、攻撃対象を義元の本隊ひとつに絞ると、一気に集中攻撃をかけることで、織田勢は今川義元を討ち取ったのでした。

日本史は「進化」している

信長の代表的エピソードの1つとして、従来語られてきた桶狭間の戦いでのドラマチックな展開は、近年では「フィクション」として否定されています。

そのため、今後、この合戦をテーマにしたドラマ等の映像作品は、大きくシナリオを変更する必要に迫られることになると思われます。

今回、取り上げた「桶狭間の戦い」に限らず、ここ数十年で日本史の解釈は「大きく変化」を遂げています。

「新たな歴史的史料の発見」に加えて、「当時の記録(1次史料)の解読・研究」の著しい成果により、日本史の「常識」が大きく変化、進化しています。

そのため、歴史の教科書の記述も、かつて「私たちが学校で習った内容」とはかなり異なる部分も増えています。

ぜひ「最新の日本史」を学び直し、その変容ぶりを実感しつつ、「歴史の教養」をいっきに身に付けてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT