ソマリア首都の爆発、死者数は200人以上に

ホテルの前でトラック爆弾、犯行声明なし

 10月15日、ソマリア当局者は、首都モガディシオで発生した爆発による死者が200人を超えると明らかにした。負傷者は少なくとも100人に上るという。写真は14日、爆発の起きたモガディシオのKM4通りで撮影(2017年 ロイター/Feisal Omar)

[モガディシオ 15日 ロイター] - ソマリア当局者は15日、首都モガディシオで発生した爆発による死者が200人を超えると明らかにした。負傷者は少なくとも100人に上るという。

爆発は14日に発生した。警察によると、政府機関やレストランが集まる地区にあるホテルの前でトラック爆弾が爆発。その2時間後にはメディナ地区で別の爆発が起きた。

モガディシオ市長の報道官はロイターに対し「民間人200人の死亡を確認した」とし、死者数は200人を超えると述べた。

現時点では犯行声明は出ていない。ただ、アルカイダとつながりのあるイスラム過激派組織アルシャバーブはソマリア国内で攻撃を繰り返している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT