ソマリア首都の爆発、死者数は200人以上に

ホテルの前でトラック爆弾、犯行声明なし

 10月15日、ソマリア当局者は、首都モガディシオで発生した爆発による死者が200人を超えると明らかにした。負傷者は少なくとも100人に上るという。写真は14日、爆発の起きたモガディシオのKM4通りで撮影(2017年 ロイター/Feisal Omar)

[モガディシオ 15日 ロイター] - ソマリア当局者は15日、首都モガディシオで発生した爆発による死者が200人を超えると明らかにした。負傷者は少なくとも100人に上るという。

爆発は14日に発生した。警察によると、政府機関やレストランが集まる地区にあるホテルの前でトラック爆弾が爆発。その2時間後にはメディナ地区で別の爆発が起きた。

モガディシオ市長の報道官はロイターに対し「民間人200人の死亡を確認した」とし、死者数は200人を超えると述べた。

現時点では犯行声明は出ていない。ただ、アルカイダとつながりのあるイスラム過激派組織アルシャバーブはソマリア国内で攻撃を繰り返している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。