ソマリア首都の爆発、死者数は200人以上に

ホテルの前でトラック爆弾、犯行声明なし

 10月15日、ソマリア当局者は、首都モガディシオで発生した爆発による死者が200人を超えると明らかにした。負傷者は少なくとも100人に上るという。写真は14日、爆発の起きたモガディシオのKM4通りで撮影(2017年 ロイター/Feisal Omar)

[モガディシオ 15日 ロイター] - ソマリア当局者は15日、首都モガディシオで発生した爆発による死者が200人を超えると明らかにした。負傷者は少なくとも100人に上るという。

爆発は14日に発生した。警察によると、政府機関やレストランが集まる地区にあるホテルの前でトラック爆弾が爆発。その2時間後にはメディナ地区で別の爆発が起きた。

モガディシオ市長の報道官はロイターに対し「民間人200人の死亡を確認した」とし、死者数は200人を超えると述べた。

現時点では犯行声明は出ていない。ただ、アルカイダとつながりのあるイスラム過激派組織アルシャバーブはソマリア国内で攻撃を繰り返している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT