英テムズ川で命知らずの「バックフリップ」

トラビス・パストラーナさんが成功

米国のモータースポーツ選手、トラビス・パストラーナさんが5日、英ロンドンのテムズ川で、浮かんだ2艘のはしけの間の23メートル以上の距離をオートバイで後方宙返りしながら飛ぶ「バックフリップ」に挑み、見事に成功させた(写真:ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 5日 ロイター] - 米国のモータースポーツ選手、トラビス・パストラーナさんが5日、英ロンドンのテムズ川で、浮かんだ2艘(そう)のはしけの間の23メートル以上の距離をオートバイで後方宙返りしながら飛ぶ「バックフリップ」に挑み、見事に成功させた。

加速するための距離はわずか45メートル

O2アリーナを背景に置かれたはしけには、離陸までの加速するための距離はわずか45メートル、着地してから停止するまでの距離は11メートルしかなかった。

このスタント用に、はしけには離陸のための急こう配の傾斜台と、着地のためのより緩やかな傾斜台が取り付けられた。

2006年、モトクロスライダーのマイク・メッツガーさんが、ロサンゼルスのロングビーチ・ハーバーで同様のスタントに挑んで大けがを負った。

それ以降、バックフリップに挑戦するスタントが行われたのは初めてだという。パストラーナさんもこれまで90カ所以上の骨折、25回以上の脳振とうを経験している。

パストラーナさんが出演するスタントショー「ナイトロ・サーカス」は、11月と12月に欧州ツアーを予定している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT