英テムズ川で命知らずの「バックフリップ」

トラビス・パストラーナさんが成功

米国のモータースポーツ選手、トラビス・パストラーナさんが5日、英ロンドンのテムズ川で、浮かんだ2艘のはしけの間の23メートル以上の距離をオートバイで後方宙返りしながら飛ぶ「バックフリップ」に挑み、見事に成功させた(写真:ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 5日 ロイター] - 米国のモータースポーツ選手、トラビス・パストラーナさんが5日、英ロンドンのテムズ川で、浮かんだ2艘(そう)のはしけの間の23メートル以上の距離をオートバイで後方宙返りしながら飛ぶ「バックフリップ」に挑み、見事に成功させた。

加速するための距離はわずか45メートル

O2アリーナを背景に置かれたはしけには、離陸までの加速するための距離はわずか45メートル、着地してから停止するまでの距離は11メートルしかなかった。

このスタント用に、はしけには離陸のための急こう配の傾斜台と、着地のためのより緩やかな傾斜台が取り付けられた。

2006年、モトクロスライダーのマイク・メッツガーさんが、ロサンゼルスのロングビーチ・ハーバーで同様のスタントに挑んで大けがを負った。

それ以降、バックフリップに挑戦するスタントが行われたのは初めてだという。パストラーナさんもこれまで90カ所以上の骨折、25回以上の脳振とうを経験している。

パストラーナさんが出演するスタントショー「ナイトロ・サーカス」は、11月と12月に欧州ツアーを予定している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT