東芝、メモリ売却契約も「不安だらけ」の船出

「関係者の合意得られず」会見は中止に

東芝メモリの四日市工場。ようやく売却契約にこぎつけたが・・・(写真:編集部)

2兆円の巨額M&Aがようやくまとまった。さまざまな課題は残るが、とりあえずは晴れがましい門出のはず。それがいきなりつまずいた。

「関係者との最終調整が付かず、本日の会見は中止させていただきます。ご理解をいただきたい」。米国の投資ファンド、ベインキャピタルの杉本勇次日本代表は申し訳なさそうに頭を下げた。

決定から8日かけようやく契約

東芝は9月28日、半導体メモリ事業子会社東芝メモリ(TMC)について、ベインを軸とするコンソーシアムへの売却契約を締結した。

同コンソーシアムにはベイン以外にも韓国の半導体大手SKハイニックス、アップルやシーゲートなど米国IT企業が転換社債や融資で参加する。そして東芝が3505億円を再出資し議決権の40.2%を持ち、HOYAと合わせて日本勢で出資比率の過半を握る。金融機関からの融資も合わせて、2兆円でコンソーシアムがTMCを買収する。

この「日米韓連合」への売却は、9月20日に東芝が取締役会で決議済み。契約締結は「近日中」としていたが、なかなか契約まで到らなかった。「関係者が多く、最終確認に時間がかかっている」と関係者は説明していた。8日かけてようやく契約にこぎ着けた。

そうした中、買収するベインが契約締結発表の記者会見を計画した。皇居に近いホテルには多くの報道陣が集まったが、そこでベインの杉本日本代表の口から出てきたのはお詫びの言葉だった。

次ページなぜ会見を中止したのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT