本屋の生きる道「本を置きすぎちゃダメだ」

アマゾン全盛時代の「本屋」の生き方<後編>

水代:浜町を知らないと言われるとウキウキしちゃいますね(笑)。日本橋浜町は祭りに運動会、盆踊りなど地域行事がすべて残っていて、ローカルの人たちがたくさんいます。東京駅から2.5キロメートルくらいですが、中央区は子育て支援が厚い区でもある。30~40代の金銭的に余裕がある子育て家庭の移住も結構多い。

また、Hama Houseの前にはカゴメ、呉羽化学、激落ちくんのLECとか消費者に近い大企業のオフィスもあります。そんな環境なので、ぼくらの周りにいる独立系クリエーターの活躍できる要素は大きいと思っています。たとえば、お菓子会社が新しいスナックのパッケージを発注したりといった、活躍の場があるだろうと。

さらに、空間的なすき間もあって、クリエーターたちが移住して来られる土壌もある。働いている人が多様です。そういう人たちがつながったら面白い街になるんじゃないかなと。隅田川や浜町公園もあって、9万人の人が爆音で盆踊りを楽しんでいました。同じようなフェスが出たら屋台も出せるし、DJブースも出せる。けっこう面白い街づくりができるんじゃないかと思っています。

ビジネスモデルのコピーは大歓迎

水代 優(みずしろ ゆう)/1978年愛媛県生まれ。IDÉEにてカフェの立ち上げ等の業務に携わる。2012年good morningsを設立。街の価値を高める場づくりをさまざまな場所で仕掛ける。2017年9月、日本橋浜町に複合型書店Hama Houseを開店したばかり

成毛:日本全国を見渡したときに、「わが町には書店がないけどどうしてくれるんだ」という問題もあります。多様性の「た」の字もないじゃないかと。そこで、北海道では「走る本屋さん」というものがスタートしています。トラックに800冊の本を積んで3つの自治体を回っています。妹背牛町(いもせうしちょう)と、喜茂別町(きもべつちょう)と西興部村(にしおこっぺむら)です。

3つの自治体の人口は、それぞれ1000〜3000人程度です。東京ではコンビニは3000人が商圏なので、コンビニさえ作れないような小さな自治体なわけです。そこに書店を作りようがない。今後も過疎が進み、高齢者数が増えると書店が減っていくでしょう。お2人のやり方がまねされたり、いい意味でコピーされることをどう思いますか。

:なぜビールを売り、イベントをやるか。僕たちは飲食店やイベント屋をやりたいわけではありません。でも、ビールを飲んでいると本を買いたくなったり、作家が来るとその本を買ってもいいかなと思ったり、ということは間違いなくある。つまり、全部新刊書を売るための企業努力の一つなんです。

開業時、書店出身の店員が「なぜ本屋がビールサーバーのメンテナンスやイベントのブッキングまでしないといけないの?」と文句を言いました。でも、毎日イベントやると新刊書が売れるようになるんです。もう一つ重要なのは、それを一人の書店員がやること。飲食担当やイベント担当の人材を別途雇わない方針です。だから、実際に本が売れるようになれば、文句も「いいじゃん」に変わるんです。まだまだ本屋が本を売るためにできる企業努力はあるはず、との思いもあります。今ではB&Bに似た形で運営している本屋さんもありますが、コピーしていただくのは大歓迎です。どんどんコピーしてください。

次ページ街の本屋とアマゾンとの関係
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。