ルノー・日産・三菱連合、「EV首位固め」の気炎

ゴーン氏はEV戦国時代をどう戦うのか

日仏自動車連合のトップを務めるカルロス・ゴーン氏はEV競争を勝ち抜く自信を示した(写真:ロイター/アフロ)

「われわれは今後も電気自動車(EV)のリーダーだ」

仏ルノー、日産自動車、三菱自動車の3社連合は9月15日、アライアンスとして初めて、2022年までの中期経営計画を発表した。

連合の会長を務めるカルロス・ゴーン氏はこれまで取り組んできたEV戦略の妥当性を強調したうえで、新たに12車種のEVの投入を宣言。3社協業で複数の車種に展開可能な専用の共通プラットホームも用意し、EV化を一気に加速させる方針を示した。

EV累計販売は50万台超で世界トップ

日産が刷新したEV「リーフ」。フル充電での航続距離は従来比4割増の400kmに伸ばした。(撮影:大澤誠)

日産は早くからEVに着手、2010年に発売しこの10月に初めて全面刷新する「リーフ」の累計販売は約28万台で世界トップだ。昨年アライアンスに加わった三菱自は2009年に世界初の量産型EV「アイ・ミーブ」を発売し、ルノーもEV「ゾエ」が欧州で最も売れており、3社のEVの累計販売は50万台を超える。

もっともゴーン氏が以前掲げた2016年度までのEV販売目標150万台には遠く及んでいない。航続距離や充電インフラの問題で、EVに対する消費者の支持が得られなかったためだ。

次ページ世界各国のEVシフトが追い風に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT