大量の500ユーロ紙幣でトイレが詰まった!

ジュネーブ検察が捜査中

 9月18日、ジュネーブの銀行と飲食店3軒のトイレで、合わせて10万ドル(約1115万円)相当の500ユーロ紙幣が便器に捨てられて詰まる事件が発生し、検察が捜査に入ったことが明らかになった。事件は5月に起きたという(2017年 ロイター/Andrea Comas)

[ジュネーブ 18日 ロイター] - ジュネーブの銀行と飲食店3軒のトイレで、合わせて10万ドル(約1115万円)相当の500ユーロ紙幣が便器に捨てられて詰まる事件が発生し、検察が捜査に入ったことが18日に明らかになった。事件は5月に起きたという。

現金を捨てることは犯罪ではない

検察の広報担当者は「われわれは、動機には関心がないが現金の出所は突き止めておきたい」としたうえで、現金を捨てることもトイレを詰まらせることも犯罪ではないと付け加えた。

この事件を最初に報じたトリビューン・ドゥ・ジュネーブ紙によると、ジュネーブの金融街にあるUBS銀行のトイレで、便器に500ユーロ紙幣が大量に捨てられており、数日後に付近のビストロ3軒でも現金が捨てられて便器が詰まっているのが見つかった。

捜査中、現金は差し押さえ扱いとなっている。合法的な現金と判明した場合に誰のものとなるかは不明。広報担当者は、「汚れた金」と考える直接の理由はないとしている。

欧州中銀(ECB)は昨年、500ユーロ紙幣が資金洗浄(マネーロンダリング)などの不正行為に頻繁に利用されている懸念があるとして、廃止する方針を発表した。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT