「松居一代」「上西小百合」は報道に値するのか

大々的に取り上げるような公益性はない

そもそも松居問題の本質は夫妻の離婚騒動にある。船越氏への復讐をもくろみ、自身のブログや動画を使って個人的な事柄を次々と暴露しながら相手の非難を繰り返すというものだ。テレビ放送で大々的に取り上げる公共性や公益性はいったいどこにあるのだろう。

次は取り上げ方の問題である。情報ワイドショー番組では、一部週刊誌の特ダネ報道を取っ掛かりに内容や事実関係を十分に検証することなく、誌面や内容をそっくり伝えてしまう手法が定着している。「報道引用」という隠れみのの「安全地帯」に身を置いて報道しているつもりだろうが、仮に引用元に誤謬や名誉毀損、人権侵害などが認められた場合には、それを引用・報道したメディアにも責任が及ぶことは最高裁の判例が示すところだ。

本来メディアの生命線は、埋もれた事実を独自の取材で発掘し、それを初報として伝えることにある。ところが、昨今の情報系番組は「〇〇砲」「△△砲」などと一部の週刊誌を持ち上げて「特ダネは週刊誌、後追いの膨らまし報道はテレビ番組」という構図を自ら創り上げているようにさえ見える。主要な報道機関として、真にあるべき姿と言えるだろうか。

それに加え、今回の報道では各局とも松居氏のブログやSNS上の動画を興味本位で垂れ流してきた感がある。虚々実々の情報が乱立するネット情報をそのまま放送することの危うさは言うまでもない。正確性を欠き、不適切な表現があふれるネットとは一線を画すべきテレビ放送が、そんな無責任でいいのだろうか。むしろ一連の報道はネット情報の拡散に力を貸し、松居氏の自己宣伝に加担する結果を招いた、と言っていい。

「生活ほっとモーニング」の教訓はどこに

私が最も危惧した点は、放送の公平公正さを担保できていたかどうかにある。恋愛の破綻や離婚という私的な事柄の場合、当事者の双方に、それぞれの言い分がある。しかし、どの番組を視聴していても、松居氏の言い分がそのまま一方的に放送され、船越氏の主張は置き去りにされたという印象を受けた。松居氏は夫婦間の出来事を客観的な裏付けなしに公開し、それが船越氏の名誉を傷付けているおそれさえある。軽々に放送で紹介できるような代物ではないはずだ。

1996年の「生活ほっとモーニング」(NHK)は、放送による名誉毀損が司法に認定された事案として知られている。「熟年離婚」の特集企画で、素顔で出演した元夫の言い分だけを放送した結果、元妻から訴えられ、NHKが敗訴したという事例である。その反省と教訓が番組の制作者に活かされているのかどうか、はなはだ疑問に思う。

次ページ上西議員「炎上騒動」は放送するべきなのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT