ハリケーン大被害に、MLB球団はどう動いたか

ヤンキースと宿敵Rソックスが見せた即反応

9月3日の試合前、彼らは共同で声明文をリリース。この日のレッドソックス対ヤンキース戦で両チームの選手・コーチらが着用したユニフォームなどをサイン入りでオークションに出品し、収益を被災者の支援に充てることを発表したのだ。

その日のプレーボール直前には、ヤンキースのジョー・ジラルディ監督とレッドソックスのジョン・ファレル監督がホームベース付近でテキサスの州旗をともに掲げ、支援のために1つになることを宣言。また、それぞれの公式フェイスブックで、ヤンキースは「われわれはグラウンドではライバルだが、ハービーの被災者をともに支援する」、レッドソックスは「“ライバル関係”はいったん忘れて、被災者支援のためにヤンキースと力を合わせる」とコメントした。

4年前にもグラウンド外で共闘したライバル

実は、彼らは過去にも同じように、グラウンドの外で強い結びつきを見せたことがある。4年前に、ボストンで爆弾テロが起きた時のことだ。

2013年4月15日、ボストンマラソンのゴール付近で爆弾テロが発生。一般市民3人が犠牲となり、282人が負傷した。

逃走していた犯人が逮捕された4月19日まではボストン市内に外出禁止令が敷かれ、スポーツイベント等はすべて中止(または延期)となり、レッドソックスが本拠地フェンウェイパークに戻ってきたのは5日後の4月20日だった。その間レッドソックスはクリーブランド遠征だったため、フェンウェイパークでは4月19日の試合のみ延期となり、21日にダブルヘッダーが行われた。

予期せぬ緊急事態が起きたことにより、ボストン市民は不安に打ちひしがれ、野球をはじめとするエンターテインメントを楽しむ機会も奪われた。そんな時、敵地ニューヨークでヤンキースがアクションを起こす。

テロの翌日の試合前、ヤンキース公式ツイッターが「私たちの心はボストンとともにある。今夜は黙禱(もくとう)を行い、3回終了後には『スイート・キャロライン』を流します」とツイート。この曲はレッドソックスの伝統的テーマソングであり、フェンウェイパークでは毎試合ファンによる大合唱がお約束だ。

長きにわたる因縁を考えると、ヤンキースタジアムでこの曲が流れるのは異例中の異例。そのツイートに対し、レッドソックス公式ツイッターは「ありがとう! お心遣いに感謝します」と返信した。

3回終了後、宣言どおりヤンキースタジアムに『スイート・キャロライン』が響き渡ると、ヤンキースファンの多くが、いつもレッドソックスファンがフェンウェイパークでやるのと同じように、サビの部分で定番の掛け声を張り上げた。かつてテロを経験したニューヨーカーたちだからこそ、ボストン市民の心情を深く理解できたのかもしれない。

次ページスポーツの価値はプレーだけにとどまらない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT