ジーターが選んだ引退後の意外なキャリア

元スポーツ選手ならではの情報サイトを開設

高級時計モバードの記者会見に登場したデレク・ジーター氏。スポーツ選手が直接投稿できるサイトの運営者として第2のキャリアをスタートさせた(写真:Joshua Bright / The New York Times)

いまや彼は競争相手だぞ――。高級時計のエフライム・グリンバーグCEO(最高経営責任者)が、集まった記者たちにそう語ったのは、12月8日のことだ。

「彼」とは、昨シーズンで米大リーグ(MLB)ニューヨーク・ヤンキースを引退した、デレク・ジーター(41)のこと。この日ジーターは、ニューヨークにあるモバードのショールームで開かれるイベントに顔を見せることになっていた。

有名スポーツ選手が直接投稿する

ジーターは引退直後の2014年10月、スポーツニュースサイト「ザ・プレーヤーズ・トリビューン」を立ち上げた。有名スポーツ選手が、記者を通さずに、自分の言葉でコメントや意見を発表する場所、という触れ込みだ。シニアエディターには、米プロフットボール(NFL)のラッセル・ウィルソン選手や、レーシングドライバーのダニカ・パトリックらスーパースターが名を連ねている。

元スポーツ選手にとって、第2のキャリアで成功するのは容易ではない。現役時代はヤンキース一筋で活躍し、ファンに親しみを込めて「ザ・キャプテン」と呼ばれたジーターにとって、そのハードルは一段と高く見える。だが彼は、いきなりホームランを狙ってフルスイングしている。

何人かの選手の投稿が社会的な話題を呼んだこともあり、「ザ・プレーヤーズ・トリビューン」はスポーツファン以外にも広く知られつつある。2014年には、米プロバスケットボール協会(NBA)ロサンゼルス・クリッパーズのブレーク・グリフィン選手が、オーナーのドナルド・スターリング(当時)を「変なおっさん」と呼んだ投稿が大いに話題になった。

次ページ若者を支援するための「ターン2財団」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT