メキシコで「ワカモレ」を3トン作るイベント

2万5000個のアボカドを使い世界記録に挑戦

 9月3日、メキシコのハリスコ州にある町、コンセプシオン・デ・ブエノス・アイレスで、2万5000個のアボカドを使って3トンのワカモレを作り、世界記録に認定された(2017年 ロイター/Fernando Carranza)

[コンセプシオン・デ・ブエノス・アイレス(メキシコ) 3日 ロイター] - メキシコのハリスコ州にある町、コンセプシオン・デ・ブエノス・アイレスで3日、2万5000個のアボカドを使って3トンのワカモレを作るイベントが行われた。

世界記録に挑戦するため、地元のアボカド農家が中心になって開催したもの。同州は、ミチョアカン州に次ぐ国内2番目のアボカドの産地。

料理学校の学生や一般市民など1000人がアボカドをつぶす作業に取り掛かり、州都グアダラハラなどからの観光客に振る舞うため、数千人分のワカモレを準備した。

完成すると、州知事がギネスワールドレコーズから世界記録の認定を受けた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT