メキシコで「ワカモレ」を3トン作るイベント

2万5000個のアボカドを使い世界記録に挑戦

 9月3日、メキシコのハリスコ州にある町、コンセプシオン・デ・ブエノス・アイレスで、2万5000個のアボカドを使って3トンのワカモレを作り、世界記録に認定された(2017年 ロイター/Fernando Carranza)

[コンセプシオン・デ・ブエノス・アイレス(メキシコ) 3日 ロイター] - メキシコのハリスコ州にある町、コンセプシオン・デ・ブエノス・アイレスで3日、2万5000個のアボカドを使って3トンのワカモレを作るイベントが行われた。

世界記録に挑戦するため、地元のアボカド農家が中心になって開催したもの。同州は、ミチョアカン州に次ぐ国内2番目のアボカドの産地。

料理学校の学生や一般市民など1000人がアボカドをつぶす作業に取り掛かり、州都グアダラハラなどからの観光客に振る舞うため、数千人分のワカモレを準備した。

完成すると、州知事がギネスワールドレコーズから世界記録の認定を受けた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。