メキシコで「ワカモレ」を3トン作るイベント

2万5000個のアボカドを使い世界記録に挑戦

 9月3日、メキシコのハリスコ州にある町、コンセプシオン・デ・ブエノス・アイレスで、2万5000個のアボカドを使って3トンのワカモレを作り、世界記録に認定された(2017年 ロイター/Fernando Carranza)

[コンセプシオン・デ・ブエノス・アイレス(メキシコ) 3日 ロイター] - メキシコのハリスコ州にある町、コンセプシオン・デ・ブエノス・アイレスで3日、2万5000個のアボカドを使って3トンのワカモレを作るイベントが行われた。

世界記録に挑戦するため、地元のアボカド農家が中心になって開催したもの。同州は、ミチョアカン州に次ぐ国内2番目のアボカドの産地。

料理学校の学生や一般市民など1000人がアボカドをつぶす作業に取り掛かり、州都グアダラハラなどからの観光客に振る舞うため、数千人分のワカモレを準備した。

完成すると、州知事がギネスワールドレコーズから世界記録の認定を受けた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。