核実験「最も強い言葉で断固非難」と安倍首相

北朝鮮を「より新たな段階の脅威」と位置付け

 9月3日、安倍晋三首相、北朝鮮による核実験の実施を受けて声明を公表した。写真は都内で撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 3日 ロイター] - 安倍晋三首相は3日、北朝鮮による核実験の実施を受けて声明を公表した。国連安全保障理事会が繰り返し非難してきた中で、同国が核実験に踏み切ったことは「わが国として断じて容認できない」と明記。その上で「北朝鮮に対して厳重に抗議し、最も強い言葉で断固として非難する」とした。

声明ではまた、北朝鮮の核・ミサイル開発を「より重大かつ差し迫った新たな段階の脅威」と位置付け、「地域および国際社会の平和と安全を著しく損なうものになっている」と指摘した。

米国、韓国、中国、ロシアをはじめとする関係各国との連携を強化するとともに、「国連安保理におけるさらなる対応を含め、北朝鮮に対する対応を検討する」ことも盛り込んだ。

(梅川崇)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。