核実験「最も強い言葉で断固非難」と安倍首相

北朝鮮を「より新たな段階の脅威」と位置付け

 9月3日、安倍晋三首相、北朝鮮による核実験の実施を受けて声明を公表した。写真は都内で撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 3日 ロイター] - 安倍晋三首相は3日、北朝鮮による核実験の実施を受けて声明を公表した。国連安全保障理事会が繰り返し非難してきた中で、同国が核実験に踏み切ったことは「わが国として断じて容認できない」と明記。その上で「北朝鮮に対して厳重に抗議し、最も強い言葉で断固として非難する」とした。

声明ではまた、北朝鮮の核・ミサイル開発を「より重大かつ差し迫った新たな段階の脅威」と位置付け、「地域および国際社会の平和と安全を著しく損なうものになっている」と指摘した。

米国、韓国、中国、ロシアをはじめとする関係各国との連携を強化するとともに、「国連安保理におけるさらなる対応を含め、北朝鮮に対する対応を検討する」ことも盛り込んだ。

(梅川崇)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。