甲子園を去った名将、その先も続く野球人生

「日大山形」「青森山田」を率いた澁谷氏の思い

ただ、どの教え子に対しても、澁谷が一貫して伝えてきたことがある。「最後までやり切る」ことだ。

どの教え子に対しても変わらぬ思い

「私には1000人もの教え子がいますが、みんなが宝です。進学や就職のときには、補欠だった子から先に決めようと思っていました。レギュラーはいい成績を残せばどこからか声がかかりますが、控えの子はそうじゃありませんから。大学で野球を続ける子には『4年間、最後までやれよ』と言います。途中で辞めたら後輩に迷惑がかかります。選手として試合に出られるかどうかよりも、最後までやり切ることが大切なのです。どんなに大変なことがあるかもわかりません。ですが、それだけは口をすっぱくして言ってきました」

勝つことだけがすべてではないが、甲子園に出ることによって報われることがある。だからこそ、3年に1度は、と出場に向けて力を尽くし続けた。そして、甲子園を目指した日々こそが、1000人の教え子を育てたのだ。

澁谷はこうも語る。「私は中学生の練習を見るときに、ユニホームの着方をチェックしました。きちんと帽子をかぶっているか、ボタンを留めているか、腰のところでベルトを締めているか。そのあたりがだらしない子はダメ」。技術を磨き、体力を伸ばすだけではなく、練習や試合にどのような気持ちで向き合うか、そこも含めて「野球」なのだとつねに教えてきた。

澁谷氏は2017年4月限りで山形市のスポーツアドバイザーを退任したが、小中学生を中心に野球の指導を続けていくつもりだ。いま、澁谷氏には気掛かりなことがある。最近の子どもたちの野球に取り組む姿勢だ。

「ファウルボールが飛んでも、誰も拾いにいこうとしない。少年野球で、試合後のグラウンド整備を親がしているのを見たこともあります。ちょっと待ってほしい。子どもたちにやらせて、できないところを親が補うのが普通なのではないかな? 親にすべてをお膳立てしてもらっているようでは、いい野球選手にはなれません。そういうところは心配ですね」

澁谷氏の新たな教え子もやがて、甲子園を目指すことだろう。昔と今、甲子園を目指す球児を比べてみたときに、何が違うのだろうか。

「確かに技術は上がりましたが、昔と比べると、ハングリー精神が足りない選手が多いような気がします。みんな、『甲子園に行きたい』と口にするけど、どれだけ本気なのか。どこの高校の選手でも甲子園には行きたい。でも甲子園は、『行きたい』と言うだけで行けるところではありません。『絶対に行く!』という強い気持ちを持たないと」

立場こそ変わっても、野球に向ける熱い思いは同じ。澁谷氏の野球人生は、これからも続いていく。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT