「ビッグベン」の鐘停止にメイ首相も反対表明

「4年も鳴らない事態は適切とは言えない」

 8月16日、メイ英首相は「ビッグベン」の愛称で知られる国会議事堂の時計台について、修復作業が行われる4年にわたって鐘が打たれないことに反対する考えを示した(2017年 ロイター/TOBY MELVILLE)

[ロンドン 16日 ロイター] - 英国のメイ首相は16日、「ビッグベン」の愛称で知られる国会議事堂の時計台について、修復作業が行われる4年にわたって鐘が打たれないことに反対する考えを示した。

時計台の鐘は、過去157年にわたってほぼ毎時打たれており、英国で最もなじみ深い音の一つ。作業員の安全確保のため、今月21日正午を最後に2021年まで停止され、大みそかのイベントなど重要行事の時のみ鳴らされるという。

複数の議員らも鐘の停止に抗議を表明

メイ氏は記者団に「もちろん、作業中の安全は確実に守りたいが、ビッグベンが4年も鳴らない事態は適切とは言えない。下院議長がこの問題を緊急に検討し、作業期間中も鐘が聞けるようにしてくれることを願っている」と述べた。

複数の議員らも鐘の停止に抗議を表明しており、デービス欧州連合離脱担当相は15日、4年間の停止は「狂気の沙汰」と発言。このほか、ナイジェル・エバンス議員は、毎日の作業終了後、夜間のみ鐘を鳴らすことを提案した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。