「ビッグベン」の鐘停止にメイ首相も反対表明

「4年も鳴らない事態は適切とは言えない」

 8月16日、メイ英首相は「ビッグベン」の愛称で知られる国会議事堂の時計台について、修復作業が行われる4年にわたって鐘が打たれないことに反対する考えを示した(2017年 ロイター/TOBY MELVILLE)

[ロンドン 16日 ロイター] - 英国のメイ首相は16日、「ビッグベン」の愛称で知られる国会議事堂の時計台について、修復作業が行われる4年にわたって鐘が打たれないことに反対する考えを示した。

時計台の鐘は、過去157年にわたってほぼ毎時打たれており、英国で最もなじみ深い音の一つ。作業員の安全確保のため、今月21日正午を最後に2021年まで停止され、大みそかのイベントなど重要行事の時のみ鳴らされるという。

複数の議員らも鐘の停止に抗議を表明

メイ氏は記者団に「もちろん、作業中の安全は確実に守りたいが、ビッグベンが4年も鳴らない事態は適切とは言えない。下院議長がこの問題を緊急に検討し、作業期間中も鐘が聞けるようにしてくれることを願っている」と述べた。

複数の議員らも鐘の停止に抗議を表明しており、デービス欧州連合離脱担当相は15日、4年間の停止は「狂気の沙汰」と発言。このほか、ナイジェル・エバンス議員は、毎日の作業終了後、夜間のみ鐘を鳴らすことを提案した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。