「ビッグベン」の鐘停止にメイ首相も反対表明

「4年も鳴らない事態は適切とは言えない」

 8月16日、メイ英首相は「ビッグベン」の愛称で知られる国会議事堂の時計台について、修復作業が行われる4年にわたって鐘が打たれないことに反対する考えを示した(2017年 ロイター/TOBY MELVILLE)

[ロンドン 16日 ロイター] - 英国のメイ首相は16日、「ビッグベン」の愛称で知られる国会議事堂の時計台について、修復作業が行われる4年にわたって鐘が打たれないことに反対する考えを示した。

時計台の鐘は、過去157年にわたってほぼ毎時打たれており、英国で最もなじみ深い音の一つ。作業員の安全確保のため、今月21日正午を最後に2021年まで停止され、大みそかのイベントなど重要行事の時のみ鳴らされるという。

複数の議員らも鐘の停止に抗議を表明

メイ氏は記者団に「もちろん、作業中の安全は確実に守りたいが、ビッグベンが4年も鳴らない事態は適切とは言えない。下院議長がこの問題を緊急に検討し、作業期間中も鐘が聞けるようにしてくれることを願っている」と述べた。

複数の議員らも鐘の停止に抗議を表明しており、デービス欧州連合離脱担当相は15日、4年間の停止は「狂気の沙汰」と発言。このほか、ナイジェル・エバンス議員は、毎日の作業終了後、夜間のみ鐘を鳴らすことを提案した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT