日産、「未来のクルマ」いち早く投入へ

世界初の自動運転車、2020年までに市販化

日産では、自動運転機能を「現実的な価格」で市販。2020年以降、モデルチェンジを通じて複数の幅広い車種へ自動運転機能を搭載していく方針だ。

自動運転を巡っては、トヨタ自動車やグーグルなど各社が開発を進めており、世界で実証実験も進められている。人為的なミスによる事故の軽減に大きく貢献すると期待されている。ただ、事故時の責任をどう扱うかなどの制度整備や、効果的な自動運転を行うためのインフラの整備など、自動車側の技術開発以外の課題もある。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT