日産、「未来のクルマ」いち早く投入へ

世界初の自動運転車、2020年までに市販化

日産では、自動運転機能を「現実的な価格」で市販。2020年以降、モデルチェンジを通じて複数の幅広い車種へ自動運転機能を搭載していく方針だ。

自動運転を巡っては、トヨタ自動車やグーグルなど各社が開発を進めており、世界で実証実験も進められている。人為的なミスによる事故の軽減に大きく貢献すると期待されている。ただ、事故時の責任をどう扱うかなどの制度整備や、効果的な自動運転を行うためのインフラの整備など、自動車側の技術開発以外の課題もある。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT