トヨタが東北に灯した、HVという名の“火”

岩手のアクアに続き、宮城でカローラHVの生産を開始

専用車に加え、高級車でもHVが好調

トヨタ自動車東日本では、昨年発売した「アクア」の生産も岩手工場(岩手県胆沢郡金ケ崎町)で受け持っている。アクアの販売は絶好調。つまり、今後のトヨタの東北における生産拠点は、アクア、カローラHVという強力な味方を軸に突き進んでいく。

今のトヨタにとってHVは、枢要な存在。2012年にはトヨタの販売全体のうち、HVは世界で14%、日本では40%を占めた。プリウスやアクアのようなHV専用車でなくても、「クラウン」や高級車「レクサス」シリーズなどのHV仕様も好調だ。トヨタにとって、国内のモノづくりを守り、発展させていくためのカギもHV。重要拠点の一つである東北の工場群にもその“火”を次々と灯している。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT