コンビニ3社のフライドチキン、「熱戦」の構図

食べ応え重視、味のバリエーションも拡大へ

競合も一目置くファミチキは、まさにファミリーマートにおける横綱級の商品だ。Lチキと同じ骨なしチキンで、「サイ」と呼ばれる鶏の腰に当たる部位を使用し、サクサクッとした衣の食感に特徴がある。昨年6月には10周年を迎え、現在までの累計販売数は10億個を突破。20~30代男性から圧倒的な支持を受けている「王者」なのだ。

「かつてコンビニで販売していたチキンといえば、ドラムという脚部分の骨付き肉が主流だったが、食べにくいという声があった。そこで骨がなく手軽に食べられる商品を開発しよう、というのがファミチキ誕生のきっかけだった」。商品本部の島田奈奈ファストフーズ部長はそう説明する。

ファミチキにかぶりつく上田氏。伊藤忠で畜産畑を歩んだ「肉のプロ」ならではのこだわりがあった(記者撮影)

ファミチキの発売は、Lチキ誕生より3年早い2006年。当時の社長だった上田準二氏(現在は相談役)の肝いりで商品開発が進んだ。上田氏が伊藤忠商事で畜産畑を歩んできたこともあり、「何度も作り直しを指示された」と島田部長は振り返る。

現在、ファミチキは1店舗で1日平均40個(全種類のファミチキの合計)を売り上げる超人気商品となった。価格は税込み180円と、Lチキよりも30円高い。

酉年のチキン戦争は熱い

こだわりは半端ではない。島田部長は「一定の管理された温度で、一貫生産をしている点がポイント」と主張する。ファミチキはタイで製造されているが、製造を担うメーカーは鶏肉の加工を行うだけではない。卵をふ化させ、鶏を育てたうえで加工するという一貫した体制を構築している。

驚くべきは加工スピード。早ければ、生きていた鶏が2時間でファミチキに仕上がるという。「近くの養鶏場で育て、すぐに加工する。鶏にストレスを感じさせず素早く商品にすることで、味を落とさないようにしている」(島田部長)。こうした努力がファミチキの味を支えているのだ。

ローソンのLチキと、ファミマのファミチキ。今後はどんな商品が出てくるのか。Lチキを担当する橋本氏は「現在は2種類の味だが、ほかの味の商品も検討中」と話す。ファミチキ担当の島田部長は「健康志向の新商品を作りたい。より大きなサイズの商品も検討したい」と語る。

今年は「酉年」。年初にローソンが「でか焼鳥」と発売すると、6月にはファミマが「炭火焼きとり」を投入し、焼き鳥でも激しいバトルが勃発している。セブン‐イレブンも主力の「揚げ鶏」をはじめ、骨なしチキンのラインナップを拡充している。コンビニ大手3社による「チキンレース」は一層過熱していきそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT