韓国検察、サムスン副会長に懲役12年を求刑

判決は8月25日に言い渡される見通し

 8月7日、韓国前大統領の朴槿恵被告に対する贈賄罪などに問われたサムスングループ事実上のトップで、サムスン電子副会長の李在鎔被告の公判がソウル中央地裁で開かれ、検察側は懲役12年を求刑した。写真はソウルで2月に撮影(2017年 ロイター/Jung Yeon-Je)

[ソウル 7日 ロイター] - 韓国前大統領の朴槿恵被告に対する贈賄罪などに問われたサムスングループ事実上のトップで、サムスン電子<005930.KS>副会長の李在鎔被告の公判が7日、ソウル中央地裁で開かれ、検察側は懲役12年を求刑した。

李被告は横領や偽証の罪にも問われているが、弁護側は公判で李被告に違法な行為はなかったとし、検察側が李被告を実刑にすべきとの世論に依存していると主張した。

判決は8月25日に言い渡される見通し。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。