韓国検察、サムスン副会長に懲役12年を求刑

判決は8月25日に言い渡される見通し

 8月7日、韓国前大統領の朴槿恵被告に対する贈賄罪などに問われたサムスングループ事実上のトップで、サムスン電子副会長の李在鎔被告の公判がソウル中央地裁で開かれ、検察側は懲役12年を求刑した。写真はソウルで2月に撮影(2017年 ロイター/Jung Yeon-Je)

[ソウル 7日 ロイター] - 韓国前大統領の朴槿恵被告に対する贈賄罪などに問われたサムスングループ事実上のトップで、サムスン電子<005930.KS>副会長の李在鎔被告の公判が7日、ソウル中央地裁で開かれ、検察側は懲役12年を求刑した。

李被告は横領や偽証の罪にも問われているが、弁護側は公判で李被告に違法な行為はなかったとし、検察側が李被告を実刑にすべきとの世論に依存していると主張した。

判決は8月25日に言い渡される見通し。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT