新幹線「先着列車」を表示しないのは不親切だ

後発列車が先に目的地に到着することもある

英国の駅に設置された「A to Z Departures」表示板。目的地別の最速列車表示は日本でもぜひ応用してほしい(ロンドン・ブラックフライヤーズ駅で、筆者撮影)

利用者はまず、自分が行きたい駅をアルファベット順に配列された駅名の中から探し出す。そこには最速で着ける列車の出発プラットホームと時刻が表示されている。わずか3つの情報だけで地理がわからない人でもストレートに理解できる仕組みになっているわけだ。ちなみに表示板の呼び名は「next fastest train(直訳すると、次のいちばん速い列車)」や、「A to Z Departures(目的地の駅名がアルファベット順で並んでいるため)」などいろいろな表現が使われている。

英国の駅には日本と同様、列車が出発時刻順に並べられた出発案内の表示板がある。列車の目的地とともに、停車駅名が掲示されるが、地理がわからない人にとって、とっさにどの電車に乗るべきかを判別するのはとても難しい。それに加え、英国では「特急」「急行」といった分け方は一般的でないので、同じ行き先でも所要時間の長短を案内表示板で見分けるのはほぼ不可能だ。

誰もが少しでも早く目的地に着きたい

「案内表示を見て考えるくらいならスマホのアプリでチェックする」という人もいるかもしれない。とはいえ、多くの人はスマホの情報だけを鵜呑みにせず、駅やホームの表示を見て、本当に自分が乗る列車かどうかを再確認するはずだ。そう考えると、駅での表示はよりユーザーフレンドリーな形態で示されるべきではないだろうか。

この「先行列車のリスト表示」は利用者にとってありがたいシステムだ。当たり前のことだが、料金が同じなら誰もが少しでも早く目的地に着きたいのが当たり前のことだからだ。

次ページ日本では珍しい先着列車の表示
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT