シンガポールで輝く日本発の異色ラーメン店

有力8店のメニューを1店で再現できるワケ

いまやシンガポールには200店舗以上のラーメン店が

シンガポール。2016年「世界の都市総合力ランキング」でロンドン、ニューヨーク、東京、パリに次ぐ世界5位につけ、アジアの金融センターとしても知られる国際都市だ。

海外に65店舗を構える「一風堂」

そのシンガポールで、日本のラーメンが人気を博している。「らーめんけいすけ 豚骨王」「博多一幸舎」「一風堂」など日本の有名店が続々と進出。市内には200店舗以上のラーメン店が立ち並び、「ラーメンチャンピオン」というラーメンテーマパーク(現在は丼店なども加わり、徐々に日本料理テーマパークへと移行中)も存在する。

2015年12月に発売された『ミシュランガイド東京2016』においてラーメン店で世界初の「一つ星」(そのカテゴリで特においしい料理)を獲得した「Japanese Noodle 蔦」も中心地オーチャードのPacific Plazaにオープンし、行列が日々続いている。

異彩を放つ「セレクトショップ型」ラーメン店

CIRCULAR ROADなどで3店舗を構える「Ramen Gallery TAKUMEN」

この都市で異色の日本式ラーメン業者が存在感を放っている。「Ramen Gallery TAKUMEN(宅麺)」。現在はフランチャイズを含め3店舗を構える。一見、一般的なラーメン店に思えるが、コンセプトは「セレクトショップ型」。1店舗の中で「本田商店(久留米とんこつ)」「作田家(横浜家系)」「ちばから(二郎系)」「らぁめん元(鶏白湯)」「ビンギリ(勝浦タンタン麺)」「東京スタイルみそらーめんど・みそ」「びぎ屋(淡麗系)」「ドゥエイタリアン(創作麺)」という、8種類のそうそうたるラーメン店のメニューが楽しめる。

次ページなぜ1店舗で、複数の有名店の味が楽しめる?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT