婚活サイトで出会った僧侶夫婦の意外な生活

38歳での出家を前に「本気の婚活」へ

「会ってみたら、旅や音楽の話ですごく盛り上がりました。私たちは日本のロックが好きで、特に彼はブルーハーツのファン。『ヒロトとマーシーが好きな人に悪い人はいない』なんて熱弁を振るっていました。私は誠一さんを人間的に尊敬しています。まっとうで、真っ直ぐな、いい人です。この人とはずっと一緒にいたほうがいいな、と感じました」

最初から意気投合したことは誠一さんも認める。

「趣味が合ったとしても、話のペースやノリが合わない人もいますよね。妻とは趣味もノリも合います」

厳しい環境になぜ耐えられるのか

しかし、冒頭で書いたように2人の新婚生活は厳しい環境である。自ら望んで修行をしている誠一さんはともかく、涼子さんはなぜ耐えられるのだろうか。

「私たちは2人とも自立しているからです。親の寺を継ぐしかないお寺の子どもとは違って、その気になれば1人で生きていける力があります。だから、夫婦の間さえうまくいっていれば、どこにいても大丈夫なんです。こう自分に言い聞かせないと絶望してしまうのもありますけど……」

弟子の身はつらい。その妻の立場はもっとつらい。しかし、苦しいからこそ2人の仲の良さが際立ち、かけがえのないものとして輝く。10年後に振り返ったとき、今の生活は夫婦の大切な思い出として昇華されていることだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。