老舗大企業ほど苦手なイノベーションの本質

モノとサービスを総合的に見る視点が必要だ

プロダクト・サービス・システムへの注目度の高さがうかがえます。要するに、課題を細切れにして焦点を絞り、製品性能を改善したり、何らかの問題を解決したりする手立てはあるものの、「全体を新しい視点で捉える手法」がこれまで不足していた、と解釈できます。複数の観点と視野の広さはどうしても必要なのです。

意味のイノベーションは深さを求める

最後に、「意味のイノベーション」でカギとなることに触れておきましょう。このイノベーションは、「深さ」を大事にするという哲学的な側面があります。かつて「人生をどう生きるか?」は思春期の青臭い悩みで、大人になれば自然に消滅する課題でした。「結婚は何歳でして、子どもをいつ、何人持つか」というのがテーマでした。

しかしながら、そうした規定の路線が崩れつつある現在、中高年になっても人生の意味を問うようになり、結婚も「そもそも結婚すべきか?」という問いの対象になってきました。こうしたテーマに対して、たとえばポーランドの家具メーカーであるヴォックス社では、高齢者の自宅の寝室をティーンエージャーの自室のように「ソーシャル化」して、親戚・友人が集まりやすくなるようにしました。このように、人々が期待もしていなかったような「プレゼント」をするのが、意味のイノベーションの真髄です。

ユーザー調査をして「ユーザーが欲しがるもの」を開発している限り、彼らの期待以上のものは出てきません。それでは「意外性」の領域に入り込めないのです。そして「意外性」とは、必ずしも「ユーザーの裏をかく」ことではありません。というのも、自分たちの人生に求められる普遍的な要素は、いつも満たされているとは限らないからです。また、あるときにはポジティブだったことが、次のときにはネガティブになることもあります。

『デザインの次に来るもの』(クロスメディア・パブリッシング)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

つまり、いまの世の中の状況・文脈で欠けた部分(しかも、人々が欠けているとも気づかない部分)を見つけ出して「プレゼントする」ことなのです。電気の明かりに満たされ、停電であってもスマートフォンのアプリで懐中電灯が調達できる世界にあって、「ぬくもり」を求めてロウソク市場が成長しているのは、まさしくこうした背景によります。

過去、「哲学的な問いがビジネスに役立つの?」「教養なんてビジネスではお荷物」と暗に思われてきた時代が長く続いてきました。「量産を効率よくこなす生産性」がメインだった時代は、それに反論する術を持たなかったというのが正直なところです。しかし、生産性の課題が「価値を生み出して長期的な利益をどう確保するか」に移ってきたいま、これまでのツケがまわってきたといえます。

もちろん、ここでお話ししているのは「ビジネスのための哲学や教養」ではありません。そうではなくて、これらを軽視するビジネスは、いま、ビジネスとして難しい立場にたたされつつある、ということなのです。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT