売り手市場の今こそ新卒採用を控えるべきだ

大企業は「人手不要」の時代に備えよ

しかし、「無駄の削減」と「非効率の排除」だけでは会社は決して成長できません。いや、むしろ限りなくシュリンクしていきます。ですから社長は、加えて「新しい事業への挑戦」と「新しい商品への挑戦」に取り組む必要があります。この2つのチャレンジをせず「無駄の削減」と「非効率の排除」だけでは、会社がジリ貧になるのは当たり前です。

無駄や非効率を減らしつつ、一方では「新しい事業」「新しい商品」への取り組み、すなわち「事業の創造」と「異次元の商品開発」への取り組みにも力を入れるべきです。

そのような「次なる挑戦=新しい事業・商品」が「無駄の削減」や「非効率の排除」によって生まれた余剰の人員、社員を吸収することができるのです。「新しい事業」が加わる。それによってリストラの必要はない。ないどころか、さらに人員や社員を増やさなければならないということになります。

つねに「次なる事業カード」を用意せよ

こうした「無駄の削減」と「非効率の排除」と「次なる事業の展開」をすることによって、リストラをする必要はなくなってきます。いわば、渦巻き状に企業が拡大する。そういうことを社長が考えなければならない。いわば、つねに「次なる事業カード」を持っていなければならないということです。そのような「次なるカード」を持っているか。

そういう社長かどうか、そういうことを考える会社であるかどうか。社員は見つめ続けておく必要があるでしょう。もし、そういう社長ではない、そのような会社ではないとはっきりと認識するならば、スキルがあるなら直ちに、なければその会社にいるうちに必要なスキルを身に付けて、身に付けたらいかに大企業であろうとも、スピンアウトして起業するか、自分のスキルを活かせるこれからの時代に合った個人企業に異動したほうがいいと思います。

大企業だから大丈夫という時代ではないのです。繰り返しますが、大企業などもこれからの異次元の時代、非連続的時代に適応できずあっという間に沈没するということが多くなります。出勤したら倒産の張り紙。もうそのようなことが始まっているのです。

これからは「巨艦大砲」の時代ではなくなります。「大きさのメリット」より「小回りのメリット」の時代に移りつつあります。「護衛艦」「駆逐艦」で素早く時代に対応する。適応する。そのような会社が、縦横に「時代の海」を走り回るでしょう。

要は、大企業にしがみつく「寄らば大樹の陰」の時代ではないということを考えれば、誰でもスキルを持ってスピンアウトする。そして、それが日本全体の活性化にもなる。「日本という国はなんとなく元気がある、活気がある」となり、海外からも有能な人たち、研究所、会社が集まってくるのではないかと思います。

若者に限らず中高年の人も、社長が「次なるカード」を持っていない、この会社に将来が感じられないと感ずるならば、やがてリストラをされる前に早々にスピンアウトして、独立なり新たな道を選択されることをお勧めします。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT