100km「ウルトラマラソン」が爆発人気の理由

エントリー開始たった30分で定員に到達!

フルのベストシーズンは11~4月だが、ウルトラの場合は4~6月と9~10月。これも気温が影響している。フルは好タイムが出るように気温が低い時期が好まれるものの、ウルトラは走る時間も長く朝夕は冷え込むだけでなく、レース終盤ではウォークや休憩の時間が増えるため、フルより気温が高い時期に開催されている。

たとえば、4月後半のチャレンジ富士五湖ウルトラマラソン(100kmの部)。今年はコンディションに恵まれ、完走率は例年より少し高い71.53%だった。しかし、平均気温が3.6度しか上がらなかった2013年の完走率は49.82%と、天候によってレースの“難易度”が大きく変わってくる。参考までにいうと、東京マラソンの完走率は97%ほどだ。

「完走者」がたたえられる文化

ウルトラに参加するランナーたちの大半は「自己ベスト」で走ることよりも「完走」することが大きな目標となる。サロマ湖は制限時間が13時間ということもあり、完走率は50~80%と厳しい。10回完走すると「サロマンブルー」という称号が与えられ、翌年大会以降からブルーゼッケンが授与される。さらに20回完走すると「グランドブルー」となり、ゴールドゼッケンで走ることができる。ウルトラにはタイム以上に「完走者」がたたえられる文化があるのだ。

ゴールシーンもフルとは少し違う。感動のあまり、涙を流しながら、フィニッシュを迎えるランナーがフルよりも圧倒的に多い。100kmの場合、フルを2回走ってもまだ15km以上もある。その距離を自分が走っていることを想像するだけでも、涙腺が緩んでくる人もいるだろう。24時間テレビのマラソンのように「サライ」が頭のなかを駆け巡るかもしれない。

ウルトラは地域の経済効果という面でも魅力的だ。フルは日帰りで参加するランナーも少なくないが、ウルトラはスタートが早朝で、ゴールが夕方。そのため、開催地の近くで2泊するランナーが多く、レース後には飲食店も大いににぎわうことになる。

ちなみに100kmという距離は東京を軸に考えると、群馬県の高崎、千葉県の銚子あたり。大阪からだと和歌山県の熊野、三重県の鈴鹿あたりになる。普通電車で行くとなると、2時間ほどの行程だ。それを自分の脚だけで駆けていく。ランニング好きなら、日の出前から日の入りまで、丸一日走っていられるのも“幸せ”なことだろう。しかも、ゴールの“達成感”は間違いなくフル以上のものがある。フルに飽きた方や、新たなことに挑戦してみたい方は、ぜひともウルトラマラソンにチャレンジしていただきたい。限界を超えた先で、新たな自分に出会えるはずだから。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?