「ひふみは日本のマゼランファンドになる」

直販系投資信託トップの藤野英人社長に聞く

また、注目したいのは、4つのカテゴリー別の成長力だ。

最重要戦略は、成長する小型株に投資すること

ひふみ投信は「4つの投資戦略」を持っており、まずその中核の戦略が、年率2ケタの成長率を持つ成長企業に投資する「成長株投資戦略」だ。

年率15%で成長している社数を、時価総額のカテゴリー別に見ると、先ほどの4)の「時価総額300億円未満」のカテゴリーの中の3分の1程度の651社もある。また、このカテゴリーの22兆円という合計時価総額は、決して小さくないし、ほかの機関投資家がほとんどカバーしていない。もちろん玉石混淆なので、目利きが重要になるが、それだけ投資機会がたくさんあるのも事実だ。

2番目の投資戦略は、「上場ベンチャー株投資戦略」で、IPO(新規株式公開)してから時価総額が100億円に達する前の段階の成長企業に投資するというものだ。この段階での企業に投資して支援する投資家は少ないが、それだけ投資妙味は大きい。

3番目の投資戦略は「自由投資戦略」。これは守りながら増やすための柔軟な運用のことで、「割安株」投資、「景気敏感株」投資、「テーマ株」投資、「堕天使株」投資(一度業績が落ちてダメだと思われている銘柄の再生に投資する)など、多彩な投資戦略を、その時々の投資環境に応じて駆使していく。

そして4番目の投資戦略は「外国株投資戦略」。大型株に投資するに際して、日本の超大企業は成長力という点で魅力に欠けるため、その分を米国や中国、インドなどの外国の大型株に投資して補っていく。今月中にも運用レポートで開示するが、現時点で米国企業にも投資を始めた。

これら4つの投資戦略への資金の割り振りは、成長株投資戦略が60%、上場ベンチャー株投資戦略が20%、自由投資戦略が10%、外国株投資戦略が10%という比率だ。

レオス・キャピタルワークスは、ひふみ投信、ひふみプラスの運用を通じて、米フィデリティのマゼランファンド(1962年スタート、1977年から1990年まで運用にあたったピーター・リンチなどの活躍によって、資産規模は最大で約1100億ドルに達した)のような存在を目指している。

米国の投資信託市場も、現在の成長の背景にはさまざまな紆余曲折があった。それが、マゼランファンドの成長によって、大きくイメージが改善されたという歴史を持つ。われわれも、受益者から「ひふみ投信で運用したから、子供を大学に上げることができた」「家を買うことができた」などと言われる存在になれるよう、さらなる成長を目指したいと考えている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT