ユーロドルは長期の上昇トレンドに入るのか

ドイツ総選挙など政治イベントの影響は?

ドラギ総裁がインフレ見通しに自信を示したことでユーロが急上昇(写真:ロイター/アフロ)

ECBの緩和バイアス修正とドラギ総裁のタカ派的発言

ユーロは対ドルで年初来8%上昇。2015年8月の高値1ユーロ=1.1714ドルを起点とした下落トレンドチャネル(下落トレンドの平行ライン)の上限(7月6日時点では1.1470ドル付近)を試す勢いとなっている。テクニカル上は、この水準を突破すれば、2年間かけて形成された下落トレンドから長期的な上昇トレンドに転換したサインとなる。

この連載の過去記事はこちら

ユーロ高の背景として、(1)ユーロ圏の景気回復、(2)ECB(欧州中央銀行)の金融政策スタンスの変化、(3)ドイツの閣僚によるユーロ高誘導発言、などが挙げられる。

ユーロ圏は特にドイツの景気回復が目覚ましい。ZEW景況感指数は今年に入ってから加速度的に改善し、昨年12月の63.5から、6月には88まで上昇している。Ifo企業景況感指数も昨年2月の105.8から右肩上がりで、6月は115.1と前回のピーク2010年12月の114.4を上回っている。

(注)ZEW景況感指数:民間調査会社ZEWが機関投資家を対象とする聞き取り調査を基に算出する景気先行指数で、50を超えると好況とされる。Ifo企業景況感指数:Ifo経済研究所が7000の企業に業況についてアンケート調査を行って作成する指数で、2005年の平均=100としている。
次ページユーロが強くなっているワケ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT