ユーロドルは長期の上昇トレンドに入るのか

ドイツ総選挙など政治イベントの影響は?

秋以降、ユーロ圏では重要な政治イベントが続く。まずは9月に予定されているドイツの連邦議会選挙だ。

今年1月に社会民主党(SPD)の党首にマルティン・シュルツ氏が選出されてから、同党の支持率は急上昇している。シュルツ氏は「公正な社会」というスローガンの下、格差是正を訴えてきた。シュルツ氏はプロのサッカー選手を目指して失敗し高校を中退、アルコール依存症だった時期もあったそうだ。しかしその後、出版社への就職とともに依存症から回復。小さな書店を営みながら地道に政治活動を行った。地元の市長を務めた後は欧州議会へと活動の拠点を移し、2012年以降は欧州議会の議長を務めた。新鮮さに加えてスピーチのうまさにも定評があり、シュルツ氏の下、SPDはメルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)と並ぶほどまでに一時は支持率を伸ばした。

ただ、SPDの政策は、これまで連立を組んできたCDUと実際のところは大差なく、その人気も今のところはCDUを超えるほどではない。加えて、移民反対、EU(欧州連合)離脱を掲げる右派政党「ドイツのための選択肢」も、一時注目を集めたもののこのところ支持率は低下。現メルケル政権下でドイツ経済が目覚ましく回復したことが、CDUへの強い追い風になっており、今のところCDUが優勢な状況だ。

万一、総選挙で現在2位のSPDが大勝し、首相がシュルツ氏に交代したとしても、ドイツが親EUであることに変わりはない。したがって、なお流動的ではあるものの、9月に選挙が波乱要因となってユーロが急落するリスクは低いといえる。

イタリアは波乱要因となっても一時的

リスクが高いといえばイタリアだろう。イタリアでは来年5月までに総選挙が実施される予定だが、今年の秋に前倒しされる可能性が浮上している。問題は、ドイツと異なりイタリアではEUに対して国民の多くが悲観的であることだ。欧州委員会の依頼によりユーロバロメーターが実施している世論調査では、「EUの将来に対して楽観的か? 悲観的か?」の問いに対し、「楽観的」との回答率が低い順に並べると、ギリシャ(30%)、キプロス(39%)、英国(40%)、フランス(41%)、次いでイタリア(42%)となっている。

すでにデフォルトを経験しているギリシャやキプロスはさておき、このうち英国は昨年の国民投票でEU離脱を決定した。下から4位のフランスは、今年の大統領選で極右政党「国民戦線」が躍進。独立系のマクロン氏に敗北したとはいえ、党首のルペン氏は支持率を高めた。そのフランスに次いでイタリア国民はEUに対して懐疑的なうえ、新興野党の「5つ星運動」に対する国民の支持率は与党民主党をしのぐ勢いだ。

次ページユーロドルはどうなるのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT