「大惨事」もありえる米議会のヤバすぎる状況

大事な夏休みも短縮する勢い

民主党との調整を考え、「小さな政府」の度合いを弱めようものなら、すぐに党内の保守派は離反する。共和党としては、まずは党内の意見統一が先決であり、民主党への対応は二の次となっている。

なお、債務上限の引き上げに関しては、議会の特別な規則を利用すれば、共和党の賛成だけで実現することも不可能ではない。しかし、そこまで対決的な路線を選べば、これまで以上に民主党との関係は悪化する。もう一方の課題である歳出法案の審議において、民主党の協力を取り付けるのは難しくなりかねない。共和党としては、慎重な戦略が必要だ。

見た目よりも事態は切迫している

秋の締め切りといえば、まだ十分に時間があるように感じるかもしれない。しかし、見た目よりも事態は切迫している。これから秋にかけて、議会が開会している日数は決して多くない。議員が一部返上を提案した夏季休会はもちろんだが、秋にはユダヤ教の祝日に関連した休会も予定されている。予算編成の締め切りとなる9月末までを展望すると、上院の開会予定日数は32日、下院は25日しか残されていない。

「Slow Motion Train Wreck(ゆっくりと進行する大惨事)」という言い回しがある。ゆっくりと列車が衝突に向かっていくように、誰の眼にも大惨事に向かっているのは明白であるにもかかわらず、なすすべがない状況を指す言葉である。

大渋滞に陥りつつある米国議会は、衆人環視の中で、ゆっくりと大惨事に向かおうとしているのかもしれない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT