欧米利上げで7月株式相場は波乱になるか

日本株は「不景気での株高」の可能性も

前週末の日経平均株価は、一時2万円を割れたが、引けは33円だけ上回った(2万0033円)。安くなったら入る「日銀のETF買い」は当然執行された。これで6月の日銀買いは、5月と同じ5回となった。3月、4月は7回だったのに、だ。年6兆円買うためには月7回ペースで買わなければならない。

もしこの日が株高だったら6月は4回となったかもしれず、またぞろ日銀政策の限界説や出口論が出るところだった。ドイツの急激な物価上昇(6月消費者物価指数が前年同月比プラス1.5%)で、欧州の緩和終了・利上げ観測が高まったわけで、日本の政策が注目されるところだ。

ところが逆に、今月19、20日に開かれる日銀金融政策決定会合では、物価見通しが下方修正されるかもしれないというほど、日本の物価見通しは暗い。

これから「不景気の株高」が始まる? 

まさに「日本最弱」「日本1弱」の様相を呈している。もちろん、異次元緩和の出口など、はるか遠くの先だ。しかし、これこそが日本株に対する筆者の強気論の源なのだ。

日本は1997年春の長期金利2%割れから陥った「真性デフレ」(それまでは資産バブル崩壊の反動デフレ)から20年が経ち、世の中がそれに慣れっこになり、不況感が意外に出ていないが、20年間給料が上がらない今は、筆者から見れば明らかに不景気だ。

その点で、いよいよ「不景気の株高」が始まると思っている。不景気・デフレから脱却するエネルギーこそが株高のエネルギーになる。したがってこれからの景気指数の評価は逆になるはずだ。強ければ株が売られ、悪ければ株が買われる。

今はまちまちの反応で評価が一定していないが、はっきりとした「逆指数現象」が出たら、「日本1弱」の「不景気の株高本格開始」のシグナルと見るべきだ。需給を見れば、個人投資家の現物での売買状況は、4月に入ってからここまで見事に全週売り越しだ。時間はある。ゆっくり、はっきり見極めたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT