ドイツの実質賃金、約3年ぶりの低い伸び

第1四半期は前年比でわずか0.6%増に 

 6月23日、ドイツ連邦統計庁が発表した第1・四半期の実質賃金は前年比0.6%増加し、過去3年余りで最も低い伸びとなった。インフレの加速が影響した。写真はミュンヘンのショッピングモール。昨年8月撮影(2017年 ロイター/Michaela Rehle)

[ベルリン 23日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が23日に発表した第1・四半期の実質賃金は前年比0.6%増加し、過去3年余りで最も低い伸びとなった。インフレの加速が影響した。

所得は2.6%増加し、過去3四半期を上回る伸び率となったが、ガソリンやヒーティングオイルの価格上昇などを背景にインフレ率が1.9%と、2012年末以来の水準に上昇した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 中学受験のリアル
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GW10連休は<br>分厚い本を読もう

長い休みには、普段は手が出ない分厚い本、時間をかけて咀嚼が必要な本を読むのはいかが。本誌の書評者など12人が「自分が読み返したい本」「読者にお薦めの本」を選書。さらに「これから読みたい本」も。 ピンときたら、いざ書店へ!