ドイツの実質賃金、約3年ぶりの低い伸び

第1四半期は前年比でわずか0.6%増に 

 6月23日、ドイツ連邦統計庁が発表した第1・四半期の実質賃金は前年比0.6%増加し、過去3年余りで最も低い伸びとなった。インフレの加速が影響した。写真はミュンヘンのショッピングモール。昨年8月撮影(2017年 ロイター/Michaela Rehle)

[ベルリン 23日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が23日に発表した第1・四半期の実質賃金は前年比0.6%増加し、過去3年余りで最も低い伸びとなった。インフレの加速が影響した。

所得は2.6%増加し、過去3四半期を上回る伸び率となったが、ガソリンやヒーティングオイルの価格上昇などを背景にインフレ率が1.9%と、2012年末以来の水準に上昇した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。