「上は現場をわかってない」と嘆くあなたへ

視点を変えれば認識の偏りに気づくはずだ

私はスペインでトップの評価を受けたこともあるErretresというブランディング会社の日本でのビジネスを手伝っています。何をやっているかというと、高い抽象度からスペインと日本の価値を見つめ、相乗効果が生まれるポイントを探しています。

意外かもしれませんが、スペインと日本との相性は良いのです。日本企業の多くは製品重視で、ディテールや品質にこだわりと強みを持っている一方、プレゼンテーションや抽象的なブランドイメージを築くのが苦手です。一方、スペインは抽象的なブランド価値を築くのが得意ですが、工業やテクノロジーはあまり強くありません。どちらの国もクリエーティブですが、フィールドが違うのです。

たとえば、スペイン王室ではダイキン製のエアコンが使われていますが、スペインでダイキンというメーカーを知っている人はわずかです。一方、日本では日本人がプレーしていないにもかかわらず、レアル・マドリッドやFCバルセロナというチーム、そこで活躍している選手の名前を知っている人が大勢います。製品を作ることが得意な日本と、ブランドイメージを創るのが得意なスペイン。この2つをつなぐことで、お互いの強みを生かせるわけです。

視点を高くすることで見えてくることがある

『自分が信じていることを疑う勇気』(きこ書房)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

日本では、スペイン経済に対して「失業率が高い」「景気も悪い」など、ネガティブな印象が一般的です。そのため、私はよく「何でわざわざ景気の悪いスペインに行くの?」と質問されます。しかし、視点を高くすると、日本とスペインという点と点とがつながり、新たな可能性が広がっていくわけです。

経済の状況が悪い=チャンスがないというのは、正しい因果関係ではありません。なぜなら、経済の動向が芳しくない時は、大多数が新規事業投資などの新たな行動を控えるからです。これは裏を返せば、競争相手が戦場から一時撤退している状況です。そんな時こそ、他の人々が気づいていない価値を見つけ出すチャンスです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • iPhoneの裏技
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT