「ポイント」が自動で貯まる銀行口座の魅惑

ネット銀行に加え、地銀も続々参入している

定期預金口座を作るより断然貯まる

例えば、住信SBIネット銀行の場合を見てみよう。2017年5月のポイントプログラム制度刷新により、月間1件以上の口座振替があれば、5ポイントが獲得できるようになった。1ポイント=1円相当のため、毎月口座振替をしていれば、年間で60円分のポイントとなる。50万円を定期預金で預けるよりもメリットがあることは一目瞭然だ。

さらに、同銀行で給与や年金を受け取ると、毎月30ポイントを獲得することができる。年間では360円分のポイントとなり、もはや定期預金と比べるまでも無いだろう。

貯まるポイントの多くは、住信SBIネット銀行が現金換算ポイントであるように、使い勝手のいいものである場合が多い。スルガ銀行Tポイント支店や新生銀行はTポイント、楽天銀行は楽天スーパーポイント、セブン銀行はnanacoポイント、イオン銀行はWAONポイント、スルガ銀行dポイントクラブ応援バンクはdポイント、といった具合だ。共通ポイントや電子マネーで貯まったポイントは、言わずもがなネットショッピングやリアル加盟店で1ポイント=1円として使える。

次ページ年間2500マイル、1500ポイント貯まる
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。