セブン&アイ、鈴木敏文氏に退職金等11億円

人事の混乱で昨年5月退任、現名誉顧問に

 6月6日、セブン&アイ・ホールディングス の2017年2月期有価証券報告書によると、昨年5月に退任した鈴木敏文前会長に対し、総額11億3200万円の報酬を支払っていた。写真はセブン&アイ・ホールディングスのロゴ、2016年4月都内で撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 6日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス <3382.T>の2017年2月期有価証券報告書によると、昨年5月に退任した鈴木敏文前会長に対し、総額11億3200万円の報酬を支払っていた。

セブンーイレブン・ジャパンの役員退職慰労金が5億9000万円、イトーヨーカ堂の役員退職慰労金が5億円などとなっている。

鈴木氏は、人事の混乱から、昨年5月に会長を退任し、名誉顧問に就任している。

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT