セブン&アイ、鈴木敏文氏に退職金等11億円

人事の混乱で昨年5月退任、現名誉顧問に

 6月6日、セブン&アイ・ホールディングス の2017年2月期有価証券報告書によると、昨年5月に退任した鈴木敏文前会長に対し、総額11億3200万円の報酬を支払っていた。写真はセブン&アイ・ホールディングスのロゴ、2016年4月都内で撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 6日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス <3382.T>の2017年2月期有価証券報告書によると、昨年5月に退任した鈴木敏文前会長に対し、総額11億3200万円の報酬を支払っていた。

セブンーイレブン・ジャパンの役員退職慰労金が5億9000万円、イトーヨーカ堂の役員退職慰労金が5億円などとなっている。

鈴木氏は、人事の混乱から、昨年5月に会長を退任し、名誉顧問に就任している。

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT