ゴルフ界の雄「テーラーメイド」の不安な将来

アディダスがついに売却、再成長できるのか

マキロイとの契約で、世界ランキングベスト3の1位ダスティン・ジョンソン、2位ローリー・マキロイ、3位ジェイソン・デイの全員がテーラーメイドのゴルフ用具を使う契約選手となる。なお、4位の松山英樹は住友ゴム工業傘下のダンロップスポーツと契約している。

テーラーメイドのマーケティングや販売の戦略は明快だ。トッププロが自社商品を使って活躍することで、その商品のよさを一般ゴルファーに訴求するというものである。

有名選手と契約する戦略は、今も有効なのか

この手法は、ゴルフ用品では王道であり、ブランド強化や販売促進に長く使われてきた。「あのプロが使っているものと同じものを使いたい」「同じものを使えば、もっと飛ばせるのでは」と、ゴルファーの購買意欲を喚起するものである。

テーラーメイドが新たにマキロイと契約したことからは、今後もこの手法を継続する意志が読み取れる。有名選手と軒並み契約を結び、他社を凌駕するゴルフブランドを確立しようとしているのだろう。しかし、これまで同じ手法でビジネスを推し進めてきた結果が、今回の売却劇となったのだ。先述したようにクラブなどの用具性能の進歩は、ルール規制によって限界になっている。

そして、この手法のいちばんのネックは、トップ選手との契約金が高額になることである。テーラーメイドのように契約を結ぶ選手を増やせば、なおさらだ。

先述の世界トップ3に加えて、今年のマスターズ覇者であるセルヒオ・ガルシア、そして今年1月にはタイガー・ウッズといったビッグネームとも契約している。そのほかの契約選手も含めると、少なく見積もっても年間0.5億~1億ドル(55億~110億円)はかかるであろう。経費がこれだけかかると、当然、利益も出にくくなる。

世界的に見てもゴルフ市場の成長性が乏しいといわれる中、新しい親会社は今までと同じ販促方法を許すのだろうか。テーラーメイドの進む道は、先行きに閉塞感の漂うゴルフ用具メーカー各社にとって、格好の「他山の石」となるはずだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。