アインシュタイン予言の重力波、3度めの観測

フィジカル・レビュー・レターズに掲載

 6月1日、米大学などの科学者チームが、「時空のさざ波」と呼ばれる重力波の観測に今年1月4日に成功したことが明らかになった。観測成功は3回目で、米ワシントン州とルイジアナ州に設置したLIGOと呼ばれる観測装置でとらえた。写真はLIGO提供のブラックホールのイラスト(2017年 ロイター/Courtesy of Caltech/MIT/LIGO Laboratory)

[1日 ロイター] - 米大学などの科学者チームが、「時空のさざ波」と呼ばれる重力波の観測に今年1月4日に成功したことが明らかになった。観測成功は3回目で、米ワシントン州とルイジアナ州に設置したLIGOと呼ばれる観測装置でとらえた。

観測結果は、フィジカル・レビュー・レターズに掲載された。

重力波は巨大な天体が衝突・合体する際に時空がゆがむ現象で、3度目の観測により、宇宙空間における大規模な天体現象の観測技術が黎明期から運用期に移行したといえる。100年以上前にアインシュタインが予言した重力波は、2015年9月に初めて実際に観測された。

今回の重力波は、それぞれ太陽の20倍と30倍の質量を持つ2つのブラックホールが30億光年の宇宙空間で渦巻きながら合体し、より大きなブラックホールとなった際に発生したもの。衝突場所の地球からの距離は、前回の2倍に達した。

今夏には、イタリアで2番目の観測設備が稼働する予定で、科学者らは最終的に、1日に1度前後の頻度でブラックホールの合体が観測できるようになるとみている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT