東芝、定時株主総会で16年度決算報告できず

後日開く臨時株主総会での報告を目指す

 5月31日、東芝は6月28日開催予定の定時株主総会において2017年3月期決算を報告できないと発表した。3月の臨時株主総会で撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai/File Photo)

[東京 31日 ロイター] - 東芝<6502.T>は31日、6月28日開催予定の定時株主総会において2017年3月期決算を報告できないと発表した。監査法人からの承認を得られないため。後日開く臨時株主総会(開催日は未定)での報告を目指すという。

千葉市で開く6月の定時総会では、綱川智社長ら現取締役9人について臨時総会までを任期として再任を諮り、臨時総会で改めて取締役体制について株主の信任を問うとしている。

法律により上場会社に提出が義務付けられている有価証券報告書(16年度分)については、財務局への提出期限である6月末まで「最善を尽くす」という。

 

(浜田健太郎)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。