東芝、定時株主総会で16年度決算報告できず

後日開く臨時株主総会での報告を目指す

 5月31日、東芝は6月28日開催予定の定時株主総会において2017年3月期決算を報告できないと発表した。3月の臨時株主総会で撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai/File Photo)

[東京 31日 ロイター] - 東芝<6502.T>は31日、6月28日開催予定の定時株主総会において2017年3月期決算を報告できないと発表した。監査法人からの承認を得られないため。後日開く臨時株主総会(開催日は未定)での報告を目指すという。

千葉市で開く6月の定時総会では、綱川智社長ら現取締役9人について臨時総会までを任期として再任を諮り、臨時総会で改めて取締役体制について株主の信任を問うとしている。

法律により上場会社に提出が義務付けられている有価証券報告書(16年度分)については、財務局への提出期限である6月末まで「最善を尽くす」という。

 

(浜田健太郎)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT