アフガン首都カブールで爆発、80人以上死亡

ドイツ大使館の入り口付近、350人以上が負傷

 5月31日、アフガニスタンの首都カブールの中心部で自動車を使った爆発が発生し、警察当局の発表によると、複数の死傷者が出ているもようだ。写真はカブール中心部の事件現場(2017年 ロイター/Omar Sobhani)

[カブール 31日 ロイター] - アフガニスタンの首都カブール中心部の大統領府や外国大使館が立ち並ぶ地区の近くで31日、自動車を使った爆発が発生した。保健省当局者によると、少なくとも80人が死亡、350人以上が負傷した。

カブールの警察当局の報道官は「ドイツ大使館の入り口付近で自動車を使った爆発が起きた。付近には他にも重要な建物があり、どこが標的だったのかは分からない」と語った。

爆発の現場から数百メートル離れた住宅でも、窓ガラスやドアなどが損傷する被害が出たという。現時点では犯行声明は出ていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング