アフガン首都カブールで爆発、80人以上死亡

ドイツ大使館の入り口付近、350人以上が負傷

 5月31日、アフガニスタンの首都カブールの中心部で自動車を使った爆発が発生し、警察当局の発表によると、複数の死傷者が出ているもようだ。写真はカブール中心部の事件現場(2017年 ロイター/Omar Sobhani)

[カブール 31日 ロイター] - アフガニスタンの首都カブール中心部の大統領府や外国大使館が立ち並ぶ地区の近くで31日、自動車を使った爆発が発生した。保健省当局者によると、少なくとも80人が死亡、350人以上が負傷した。

カブールの警察当局の報道官は「ドイツ大使館の入り口付近で自動車を使った爆発が起きた。付近には他にも重要な建物があり、どこが標的だったのかは分からない」と語った。

爆発の現場から数百メートル離れた住宅でも、窓ガラスやドアなどが損傷する被害が出たという。現時点では犯行声明は出ていない。

関連記事
トピックボードAD
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。