アフガン首都カブールで爆発、80人以上死亡

ドイツ大使館の入り口付近、350人以上が負傷

 5月31日、アフガニスタンの首都カブールの中心部で自動車を使った爆発が発生し、警察当局の発表によると、複数の死傷者が出ているもようだ。写真はカブール中心部の事件現場(2017年 ロイター/Omar Sobhani)

[カブール 31日 ロイター] - アフガニスタンの首都カブール中心部の大統領府や外国大使館が立ち並ぶ地区の近くで31日、自動車を使った爆発が発生した。保健省当局者によると、少なくとも80人が死亡、350人以上が負傷した。

カブールの警察当局の報道官は「ドイツ大使館の入り口付近で自動車を使った爆発が起きた。付近には他にも重要な建物があり、どこが標的だったのかは分からない」と語った。

爆発の現場から数百メートル離れた住宅でも、窓ガラスやドアなどが損傷する被害が出たという。現時点では犯行声明は出ていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。