歯ぎしりや顎関節症に悩む人に教えたい治療

筋肉を弛緩させるボトックスの効果

口内やあご、口周りのボトックス治療は、歯科医院でも実施することができます。

効果継続期間は3~6カ月

美容目的でボトックスを使用するときと同じく、歯科目的で使用するときも効果は3~6カ月続くと想定されています。効果がなくなる前に再度ボトックス治療を行うことが理想的ですが、歯ぎしりなどの習慣的な症状は数度のボトックス治療で解消できることもあります。また、反対に、ボトックス治療を何度も行うことで効果継続期間が短くなってしまうこともあります。

ボトックス注入に必要な時間は5~15分です。ただし、麻酔を用いる場合は麻酔が効くまで待つ必要がありますので、治療全体に40分ほどかかることもあります。

歯ぎしりの治療は、保険適用内で実施することができます。ただし治療法が限られており、一般的にはマウスピースの作成などによって治療を行います。ボトックスによる歯ぎしりや食いしばり、顎関節症の治療はあくまでも自由診療として実施されますので、歯科医院によって価格が大きく異なります。歯ぎしりなどにボトックスを使用するときは3万~5万円が相場となることが多いです。

ボトックス治療は、どの筋肉にどの程度のボトックスを打つかによって仕上がりが大きく変わってきます。逆にやり方によっては患者が意図しない仕上がりになることもありえ、思わぬトラブルになってはいけないので、治療を受ける際はホームページなどを参考に、十分検討をしたうえで、ボトックス治療の経験豊かな歯科医院で治療を受けることをお勧めします。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT