中華スマホ「オッポとビーボ」が爆走する秘密

中国国内の激しい競争が、メーカーを鍛えた

新興国での市場拡大やスマホ自体の低コスト化傾向などから、今後も中国のスマホメーカーの存在感は高まっていくと考えられる。一方で、中国国内の人気メーカーの入れ替わりも非常に激しく、オッポやビーボが今後も人気を保てるかはわからない。

以前は中国のアップルともいわれたシャオミだが、最近の戦略は迷走ぎみだ(写真:Jon Russell)

競争の激しさを象徴しているのが、一時スマホ市場で劇的な成長を遂げ、大きな注目を集めたシャオミの人気低下だ。シャオミは2010年設立のベンチャーながら、クアルコム製の最新CPUを採用するなど高い性能を持つモデルを、大量生産やオンライン販売を主体とすることなどで安価な料金で提供し、絶大な人気を博した。

だがスマホ自体の性能が向上し、ミドル・ローエンドモデルでもある程度満足のいく性能を実現できるようになった。それに伴いユーザーの関心も、カメラや急速充電など基本性能以外の部分に移っていった。そうした変化をうまくくみ取ることができず、人気が急低下してしまったのだ。

激しい競争環境が、メーカーの力を高める

シャオミは最近、パソコンやテレビ、空気清浄機や炊飯器まで手掛けるようになっている。だが主力のスマホ事業が落ち込む中で急速に多角化を進めていることから、戦略が迷走しているようにも感じられる。

大容量バッテリーの搭載などで近年人気を拡大しつつあるジオニー。中国だけでなく、インドなどの新興国などに向けても販売を強化している(著者撮影)

一方で、最近では大容量バッテリーなど特徴的な機能を打ち出すジオニー(Gionee)や、セルフィー機能を前面に押し出し女性向けを重視したメイズ(Meizu)などが人気となっている。中国内でのメーカーの動向は、刻々と変化しているのだ。

高い世界シェアを持つメーカーですら継続した人気を獲得できるかわからないほど、中国のスマホ市場はつねに大きく変動している。だがその激しい競争環境こそが、中国メーカー全体の競争力を高める要因となっていることも、また確かだといえるのではないだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT