エクセル「入力漏れ」を簡単に防ぐ便利ワザ

データの「重複入力」も避けて仕事を効率化

↑「データ」タブ → 「重複の削除」ボタンをクリックします

「重複の削除」画面が表示されます。

↑設定を確認し、「OK」ボタンをクリックします。表の先頭行に項目名が入力されている場合は、「先頭行をデータの見出しとして使用する」にチェックを入れます。チェックしない項目はチェックを外します。最後に「OK」ボタンをクリックします

重複データが削除されます。確認の画面が表示されます。

↑重複データのうち先頭のデータを残して削除されます

重複データを発見し削除するワザは、いかがでしたか。大量のデータをチェックする場合には、重複データの有無からはじめてみましょう。

データの確認は地味ですがとても重要な作業。ここで紹介したテクニックを使えば、作業が効率的になるだけでなく、正確さもあがります。ぜひお試しください!

GetNavi webの関連記事
【iPhone】溜まったメール、そのままにしてない? 未読メールを一気に開封する便利テク
「悲しすぎるだろ……」架空の友達とチャットできるメッセージアプリが大流行の予感!
若者のFacebook利用者が減少中! 代わりに増加する中高齢ユーザーに若者から「地獄」と悲鳴
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 小幡績の視点
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。