「デジタル広告」の現状がわかる5つのグラフ

2017年は新規広告の大部分がデジタル広告へ

世界の広告支出の現状は?

デジタルメディア広告の世界では、広告詐欺、ブランドセーフティー、測定値のごまかしといった問題がいまも見られる。しかし、そのために広告費が減っているということはない。

メディアバイイング大手のグループM(GroupM)が4月30日(米国時間)に発表したレポート「インタラクション2017(Interaction 2017)」によれば、2017年には新しい広告予算1ドルにつき、77セントがデジタル広告に使われる見込みだという。そして当然ながら、トップを独走しているのはGoogleとFacebookだ。2012年から2016年にかけて、この2社はデジタル広告支出の3分の2以上を懐にした。

メディアエージェンシーのゼニス(Zenith)が5月2日(米国時間)に発表したレポート「トップ30グローバルメディアオーナー(Top Thirty Global Media Owners)」によると、2016年には世界全体の広告支出の20%がGoogleとFacebookに流れ込んだという。

だが、少なくともGoogleに関しては、勢いがやや衰えてきた可能性がある。あるエージェンシーの人間が匿名を条件に語ったところによると、YouTubeの問題が公表されているよりも深刻な影響をGoogleにもたらしているという。「広告主がYouTubeから広告を引き上げたことが、大きな痛手となっている」と言うのは、あるメディアエージェンシーの最高経営責任者(CEO)だ。「これまでYouTubeに広告費をつぎ込んでいた広告主の多くが、いまも広告を控えている。Googleの決算は対前四半期比でプレッシャーに晒されている状況だ」と、このCEOは匿名を条件に語った。

それでは、世界の広告支出の現状を5つのグラフで見てみよう。

リードを続けるGoogleとFacebook

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

ゼニスのレポートによると、持株会社アルファベット(Alphabet)の傘下にあるGoogleは、2016年に794億ドル(約9兆円)もの広告売上を得た。この額は、広告売上が269億ドル(約3兆円)だったFacebookの3倍だ。また、129億ドル(約1.5兆円)の広告売上を記録したテレビ事業者のコムキャスト(Comcast)が第3位になった。

次ページ主要5社の広告収益推移
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT