「デジタル広告」の現状がわかる5つのグラフ

2017年は新規広告の大部分がデジタル広告へ

世界の広告支出の現状は?

デジタルメディア広告の世界では、広告詐欺、ブランドセーフティー、測定値のごまかしといった問題がいまも見られる。しかし、そのために広告費が減っているということはない。

メディアバイイング大手のグループM(GroupM)が4月30日(米国時間)に発表したレポート「インタラクション2017(Interaction 2017)」によれば、2017年には新しい広告予算1ドルにつき、77セントがデジタル広告に使われる見込みだという。そして当然ながら、トップを独走しているのはGoogleとFacebookだ。2012年から2016年にかけて、この2社はデジタル広告支出の3分の2以上を懐にした。

メディアエージェンシーのゼニス(Zenith)が5月2日(米国時間)に発表したレポート「トップ30グローバルメディアオーナー(Top Thirty Global Media Owners)」によると、2016年には世界全体の広告支出の20%がGoogleとFacebookに流れ込んだという。

だが、少なくともGoogleに関しては、勢いがやや衰えてきた可能性がある。あるエージェンシーの人間が匿名を条件に語ったところによると、YouTubeの問題が公表されているよりも深刻な影響をGoogleにもたらしているという。「広告主がYouTubeから広告を引き上げたことが、大きな痛手となっている」と言うのは、あるメディアエージェンシーの最高経営責任者(CEO)だ。「これまでYouTubeに広告費をつぎ込んでいた広告主の多くが、いまも広告を控えている。Googleの決算は対前四半期比でプレッシャーに晒されている状況だ」と、このCEOは匿名を条件に語った。

それでは、世界の広告支出の現状を5つのグラフで見てみよう。

リードを続けるGoogleとFacebook

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

ゼニスのレポートによると、持株会社アルファベット(Alphabet)の傘下にあるGoogleは、2016年に794億ドル(約9兆円)もの広告売上を得た。この額は、広告売上が269億ドル(約3兆円)だったFacebookの3倍だ。また、129億ドル(約1.5兆円)の広告売上を記録したテレビ事業者のコムキャスト(Comcast)が第3位になった。

次ページ主要5社の広告収益推移
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT