英メイ首相が6月総選挙にカジを切った理由

対決しようとしているのは強硬派か穏健派か

メイ首相が突然、総選挙を決めた理由とは?(写真: ロイター/アフロ)

テリーザ・メイ英首相は慎重で抑制の利いた政治家として知られる。何せ英国国教会司祭の娘だ。リスクを冒してまで安全地帯から踏み出すような人間ではない。だからこそ、総選挙を2020年の予定から前倒しする考えはないと彼女が繰り返し語ったとき、そこには真実味があった。

メイ首相の方針転換

そのメイ首相が6月8日に総選挙を行うと表明したことは、驚きをもって迎えられた。だが、首相の方針転換は、多くの人が考えているほどショッキングな出来事ではない。むしろ論理的な行動だ。なにしろ世論調査の支持率で、メイ首相率いる与党保守党は野党労働党に20ポイントもの差をつけているのだ。

政治家は最も勝算があるタイミングで選挙に打って出るものだ。メイ首相はEU(欧州連合)とタフな交渉を今まさに始めようとしているところで、選挙での圧勝が予想されている。

解散には至らなかったが、私も似たような意思決定にかかわったことがある。1991年のことだ。ジョン・メージャー政権下、私は保守党で選挙対策の責任者だった。湾岸戦争に勝利し、サダム・フセイン率いるイラク軍からクウェートを解放した直後である。

自国が関与した軍事的勝利に英国は熱狂しており、多くの政治評論家や支持者が当時のメージャー首相に解散総選挙を促した。だが、彼はそれを拒んだ。湾岸戦争の勝利は英国全体の勝利であり、一政党が独り占めにすべきではないとの考えからだ。その判断は正しかった。メージャー首相は翌年、予定どおりに行われた総選挙に勝ったのだ。

次ページメイ首相の判断はこれと対照的
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT