28歳女優が私生活をネットに生中継するワケ

「ネット生中継は夢をつくる機械です」

これまでは北京郊外の別荘に住んでいたが、そこを引き払って3カ月前に引っ越してきたという。周囲に映画業界の人たちが多く住んでいるから、と教えてくれた徐はとてもうれしそうだった。

「多くの人が女優やスターになりたいという夢を抱くでしょう。私もスターになるのが小さい頃の夢でした。でも夢は夢でした。実現する方法はありませんでした。だから私も皆と同じように普通の生活を選んでトリマーを仕事にしました。ペットがとても好きで毎日犬や猫と過ごすのが楽しかったです。でもネット生中継によって私は夢を実現することができました。もちろん始めた頃はそんなこと考えてもいませんでした」

トリマー時代に大会に出た際の写真

トリマーの頃の写真を見せてもらった。ピンクのエプロンを着け、左手でトイプードルの口元を押さえ、右手でハサミをかざしていた。表情は真剣そのものだった。顔の造作は今と同様整っているが、輪郭は少しふっくらしていた。そしてずっと控え目な印象だった。

ネット生中継は「夢をつくる機械」

今、私の目の前に座っている徐は、写真の頃よりもずっと明るい表情で、自信にあふれている。

「ネット生中継は本当に奇妙なハイテクです。ネット生中継を始める前は、私は普通の平凡なペットのトリマーで、店のオーナーで、毎日ペットの相手をしていました。でもネット生中継によって人脈もできて本当に女優になれました。想像もしなかったことです」

自宅でのインタビューの際に撮影、北京にて

そこまで言うと彼女は、視線を落としてうーんと一瞬考えた後、再び顔をぱっと輝かせてこう続けた。

「一言で言うと、ネット生中継は夢をつくる機械です」

本人はその表現が気に入ったらしい。もう1度「夢をつくる機械」とつぶやいていた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT